BL小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/11/25 02:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
日高千湖さん
  • 情報提供クリームシチューは幸せ色【後編】〜『T』番外編 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  •  滝山の車が玄関前の車寄せに到着すると、すぐに玄関が開いた。カラカラと軽快な音を立てて飛び出てきた女性は、頭髪のかなりの部分が白くなっていたが品の良い整った顔立ちをしている。文樹は彼女が滝山の母親だろうかと想像しながら、キャリーバッグを抱えて車を降りた。「信吾坊っちゃん!お帰りなさいませ」「ただいま、洋子さん。それから、坊ちゃんは止めろ」「お荷物は?」「無視かよ、もう。彼の荷物は重いから俺が持つよ

2位
朝霧とおるさん
  • 情報提供マイ・パートナーⅡ-35 とおる亭朝霧とおるさんのプロフィール
  • プチプチと口の中で弾ける赤い宝石を二人で頬張って、柚乃宮と無言で頷き合う。漬けダレの味が染み込んでいて、ご飯のお供には最高だ。「色々買ったけど、コレが一番かなぁ。」海産物に舌鼓を打っている恋人は、イクラが一番のお気に入りらしい。他の物は手元にくるまでの間に冷凍されてしまうことも多く、彼が帰ってくるまでの移動距離を思えば、タレの味が染みわたって弾力の残るものに軍配が上がるのは必然かもしれない。「どれ

3位
八朔みかんさん
  • 情報提供非常階段の恋人 60 Nikki Drop八朔みかんさんのプロフィール
  •  倫太郎は立ち去る花井の背中を食い入るように見つめていたが、礼音の視線に気づくと口元に笑みを浮かべた。「アイツと付き合ってるんだ」「ああ……」「いつから?」「半月前から」「つい最近なんだ」「そうだな」「俺の直感が当たったってわけか」「直感?」「前に ここで会った時『付き合ってなんかいない』って言ったけど、やっぱり……ってこと」「……」「お前のタイプなんて丸わかりなんだよ。あの時は全力で拒否してたけ
4位 イヌ吉さん
  • 情報提供真鋳の鍵 4 真昼の月イヌ吉さんのプロフィール
  •  これ、はめられたのんじゃねぇのか!?おかしいと思ったんだよ、ネットの回線切れただけでわざわざ呼びに来るなんて!つうか、切ったの沢橋さんじゃねぇだろうな!?しかも俺、沢橋さんにつられて、思いっきり店用の笑顔作っちまったよ!! 幼い頃から「店では愛想良く」と躾られ、小遣い稼ぎに店の手伝いをするときは「笑顔!」と小突かれまくったせいで、客を前にするとうっかり笑顔を作ってしまうの大竹である。 だが、そん
5位 白黒ぼたんさん
  • 情報提供タイミング・5 ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 「えっ…ここ、どこ。…わ…、…え、……どこ?」突然の海に、イツキは声を上げ、右を見たり、左を見たりと忙しそうだ。清水はそれを横目で眺め、嬉しそうに微笑む。「アクアライン、来たこと無いの?…ゴジラが出たとこ」「えっ…、あ、東京湾…、……え、じゃあ、千葉に行くの?……近くのラーメン屋って…」「はは。近い、近い」事もなげにそう言って、清水は手慣れた様子で、BGMにとアップテンポの洋楽を選ぶ。海と青空とご
6位 なかさん
  • 情報提供two cuts of cake(22-1) ただ好きだという、この気持ち。なかさんのプロフィール
  •  このヒナタくんの台詞――「長谷川せんせいと向井せんせいって、すごくお似合い」ってやつ――から、申し訳ないけど俺は少し離れたところから聞いていた。 だってヒナタくん
7位 風海 時音さん
  • 情報提供成沢家の密事 許されない戯れ 6(R18) Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • 兄貴の顔はやっぱり真っ赤で、表情もすげぇ緩んでる。奥の方をグリグリと擦ると、より一層甘い声が出た。「・・・っ、エロすぎだろ、今の喘ぎ」「はぁ、あ、そんな、こと、あ・・・っ」「何が良くて、そんな声出してんだよ。言えって」「ああ、っ」どうだ?恥ずかしいだろ?この口で、エロいことなんて言えないだろ?「言えよ。・・・・・・おにいちゃん」「っ!」うわ、耳元で言った瞬間、きゅって締まった。どういうことだよ。な
8位 白黒ぼたんさん
  • 情報提供タイミング・6 ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 海の上の高速を下り、街中を少し走ると、お目当てのラーメン屋に着く。こじんまりとした店構え。古くからあるようだが、汚い訳ではない。丁度お昼のピークが過ぎた頃のようで、待たずに、すぐ席に通される。「何にする?イツキ。ここ、味噌が人気。叉焼が美味くて…」「先輩と一緒で。あ、でも、煮卵のっけて欲しいです」「おう」注文し、テーブルに運ばれたラーメンは、食べずとも間違いなく美味しいと解るもので、イツキは顔をほ
9位 尚(創作小説屋)さん
  • 情報提供BL小説・風のゆくえには〜翼を広げて・エピローグ 創作小説屋尚(創作小説屋)さんのプロフィール
  • 【慶視点】2012年2月 妹の南から電話がかかってきた。「あとからお姉ちゃんからも詳しい連絡がいくと思うけど、先に伝えていいっていうから言うね!」「?」 珍しくテンション高めの南。なんだなんだ?と思ったら、「桜ちゃんが結婚するんだって!」「えええええ?!」 おれも叫んでしまった。桜ちゃんというのは、姉の娘だ。確か来月で20歳になるはず……「お兄ちゃん結婚式きてね? 来月の24日」「来月ってそりゃま
10位 凛さん
  • 情報提供華燭の城 - 72 0-story凛さんのプロフィール
  • シュリの呼吸が落ち着き始めた頃には部屋は温かくなっていた「ご気分は? 大丈夫ですか?」ラウはシュリを腕に抱いたまま、心配そうに顔を覗き込むまだハッキリと声は出ないが、小さく頷いたシュリに微笑みシャツのボタンを外し、包帯を解くとその体をゆっくりとベッドに横たえさせた幸いにも出血はしていないだが、脈を診るために 傷の無い首筋に手を当てるとまだシュリの体は冷たいままだ「こんなに冷えて・・・・・」手を伸ば
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 itti(イッチ)さん
  • 情報提供【妄想男子と恋のゆくえ。】94 ittiのBL創作小部屋itti(イッチ)さんのプロフィール
  •  「もう、最悪な結果だよ〜〜ん。」昼休みの踊り場に、響き渡るのは鳥居の掠れた声。試験最後の日に風邪をこじらせて、結果追試が2教科。「研、今年も一緒だな。期末は抜けるからな、オレ。」そう言ったが、多分また一緒に追試を受けてる気がしてならなかった。そう、俺も数学と地理の追試を受けねばならなかった。結局鳥居と仲良く追試組になってしまったんだ。「お前、森に教えて貰ったんじゃなかったのか?」横山がすかさず言
12位 有坂レイさん
  • 情報提供竜人はご飯だったはずなのに1 ちりつもBL小説有坂レイさんのプロフィール
  • 竜人がご飯の続きで、食事係の竜人を、竜人のまま抱いちゃう話。 開閉できないはめ殺し窓から見える景色からは、時間の流れというものを感じない。朝もなく、夜もない。ついでに言うなら時計もない。 それでも夜になれば世話係の小さな […]
13位 ゴーヤさん
  • 情報提供僕が頑張れた理由(24) ゴーヤのBL小説部屋ゴーヤさんのプロフィール
  • 「あーあーー。」開始して1時間ほど経過した頃。会場にマイク音が入った。「お、始まったか?」会場の端で肉を焼いていた2人だったが、佑輔が嬉しそうに反応した。「なにか始まるのか?」「お前、忘れたのか?1年の芸だよ!!」「・・・あぁ。。」そう言えば去年、訳も分からず芸を出させられた。佑輔が訳の分からないラップを口ずさみ、そして慎は首をかしげたり変な踊りを踊らされた。よく分からなかったが・・・perfectなboyだ
14位 滝川さん
15位 坂東蚕さん
  • 情報提供エブリスタで新作の連載始めました。 ロマン燈籠坂東蚕さんのプロフィール
  • 宣伝ばかりになってしまい、すみません。エブリスタさんで、【皇帝にプロポーズされても断り続ける最強Ω】という未発表新作の連載を始めました。筆名はエブリスタ用の手塚エマです。【皇帝にプロポーズされても断り続ける最強Ω】のページへは→こちらから。BLの編集部では、今どこもオメガバース設定推しだと聞き、書くことにしました。古代ギリシャをモチーフにした初の洋モノ&初ファンタジー。ストーリーはタイトルのまんま
16位 Rinkさん
  • 情報提供-a boy meets a boy- (31)★ 時の過ぎ行くまま(Rink's Cafe 別館)Rinkさんのプロフィール
  • JUGEMテーマ:JUNE/BL/ML (御注意)ここはRinkのオリジナル小説を更新しているブログです。小説はBL(ボーイズラブ)的要素が含まれます。BLが生理的に苦手な方の閲覧はお控えください。また★はR描写が含まれます。閲覧は18歳以上の方にお願いいたします。 前話 ← ※一話からお読みになる時は⇒ ★僕の家庭教師さま(出会い編) -a boy meets a boy- (31)★R描写あり 急に中を突き上げられトロトロに蕩けていたは
17位 ノッキさん
18位 日高千湖さん
  • 情報提供T・93 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  •  雑魚部屋の朝は早い。ピッとアラームが鳴った瞬間にスマホを握って音を消した敬治は、周囲の者が目を覚まさないようにそっと布団を出た。出発の日だった。 兄貴たちを起こさぬように、音を立てぬように布団を畳み敬治は部屋を出た。漸く、朝飯の準備は一人で出来るようになった。とは言え、前日から秋元に味噌汁の具を相談して出汁の取り方や具の切り方、下ごしらえを確認する。それでも、毎日少しずつ「出来る」が増えていく。
19位 s-negaさん
  • 情報提供緋の花20 Guideposts-negaさんのプロフィール
  • 「おま……っ、毒って……!」一連の動作がとても優雅に見え、つい何となく見ていた邦一は慌てて花を奪い取ろうとした。すると秋星が口角を上げて邦一を見てくる。微笑みとは言い難いその妖しげな表情に、邦一はつい一歩下がった。「何で今、下がったん」「……日頃の習性から……、っていうか今はそんなことどうでもいいだろ……! 具合は大丈夫なのかっ?」結局奪
20位 sazanami-hさん
21位 イヌ吉さん
  • 情報提供真鋳の鍵 3 真昼の月イヌ吉さんのプロフィール
  • 「……なぁ、これで仕上がりなんだろう?もう今日で終わりなんだよな?」「慎也は黙ってなさい」「は?」「そうですよ、普通は何度も仮縫いをするものなのに、慎也さんちっとも来てくださらないし」  2人がかりで責められて、大竹は「なんじゃそりゃ!」と怒鳴りたくなった。 「なぁ、これコスプレ衣装なんだよな!?」「背中のラインは完璧ですね」「いや、でもやっぱり腰を……」「人の話を聞けよ!」
22位 神魂未生&河野流桜さん
  • 情報提供【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (6) K's Office Twilight Moon神魂未生&河野流桜さんのプロフィール
  • 【彩王の四季】【雄介美里編】【藤川雄介&辰巳美里】 社会人になった二人はそれぞれの道を進み始め、そして… 【彩王】 銀の兎に恋焦がれて (6)  [画像] 「よく似た境遇の相手は、無条件で…」 雄介と美里の境遇は、徹哉と雅人の境遇と、ある意味では、大層似通っています。そう言う場合、互いの状況を知ると、どういう訳か、親兄弟以上の親近感を抱くことが、あったりするようです。判り合えるんでしょうかね。互いの考え
23位 日高千湖さん
  • 情報提供クリームシチューは幸せ色【中編】〜『T』番外編 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  • 「滝山さん。若から話しは聞いておられましょうが、こちらが武村です。よろしくお願い致します」座っていた大川が立ち上がって文樹を紹介してくれる。文樹も立ち上がって、頭を下げた。「武村文樹です。よろしくお願いします」「滝山」と呼ばれた男性は、「こちらこそ」と言いながらポケットから名刺を取り出した。しなやかな指先と共に、白い名刺が文樹の前に差し出された。「滝山信吾です。よろしくお願いします」塚原に教わった
24位 イヌ吉さん
  • 情報提供真鍮の鍵 1 真昼の月イヌ吉さんのプロフィール
  •  その鍵は、真鍮でできていた。 軸はすらりと長い円柱で、摘まみはクローバー型の、とてもクラシカルな物だ。 Ёlysionの全ての扉の鍵の中で、この鍵だけがこのスタイルだという。   それはいわば、Ёlysionを象徴する鍵だった      。  ◇◇◇ ◇◇◇  ハロウィンのタキシードを直したから、取りに来て欲しいとジェイクから言われたのは、もう夏の声が聞こえるころだった。 ジェイクと月1でランチ
25位 朝霧とおるさん
  • 情報提供マイ・パートナーⅡ-36 とおる亭朝霧とおるさんのプロフィール
  • 唐突だと叱られながら抱き締め合っていると、すっかり忘れていたケトルのお湯が沸騰を告げて鳴る。慌てて火を消して身体を離すと、柚乃宮が背に張り付いてくる。泣いたことが気まずいのか向き合おうとしてもしがみついたまま剥がれない。「健斗」「みっともないから見ないでください。」「俺は嬉しいよ。」「泣かせておいて嬉しいってなんなんですか。」文句を言われながらも口元が緩むが、背に纏わりついている柚乃宮に多田のだら
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 凛さん
  • 情報提供華燭の城 - 71 0-story凛さんのプロフィール
  • 「・・・・・・ラウ・・・・・・」「シュリ様・・・・?」驚いたラウの言葉が詰まると同時に、杖の音が早くなる「シュリ様がお前の部屋を探して居られたのでお連れし・・・・」話し続けるダルクの声はもうシュリの耳には入らなかった「・・・ ラウ・・・・・・・・・・・・」名前を呼びながら、シュリからも歩み寄っていたが、実際にはもう足は重く、痛み続ける傷のせいでほとんど倒れかかっていたのだが・・・その肩を ラウが素
27位 加納さん
  • 情報提供しばらくお休みです かのう屋加納さんのプロフィール
  • おはようございます。加納です。イベントに向かう電車の中から失礼いたします。ブログ更新しばらくお休みいたします。今日がコミティア、週末にダンスパーティーといべか続きで、ブログを打ち込む暇がございません:(´?ω?`):パーティー終了後の、28日か29日あたりから再開できると思います。再開しましたら、またよろしくお願いいたします取り急ぎ、ご連絡まで。
28位 白黒ぼたんさん
  • 情報提供タイミング・4 ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 「…俺、ここ暫くずっと…、イライラしていて…。ちょっと、普通じゃ無かったんです。だから、先輩ともあんな…、流されちゃって…、しちゃって…。別に、その…、特別なコトじゃ、無いんです。……その…」「黒川さんと喧嘩してて、イライラしてて、流れで俺とエッチしたけど、別に俺の事はなんとも思ってないってコト?」最近の事情をなるべく優し気に、オブラートに包むように、イツキは話してみたのだけどバッサリ、清水に切ら
29位 有坂レイさん
  • 情報提供雷が怖いので プレイ(目次) ちりつもBL小説有坂レイさんのプロフィール
  • キャラ名ありません。全37話で、雷が怖いので本編の隙間を埋めるプレイ中心。リクエストで頂いていた「オナニー披露」「おしおき」「剃毛」「おもらし」の内容を含みます。おしおき時にスパンキングも少々。剃毛時にアニリングスも少々 […]
30位 陣リンさん
  • 情報提供いいところ 〈BL〉隣りの2人がイチャついている!陣リンさんのプロフィール
  •  浅くて早い息づかい。それから吐息。 灯かりのない室内を淫らな音が満たしていた。「カーテン……」 囁き声。 咎めるような響きは、しかし指先が粘膜を弄うその音に呑まれてしまう。 窓の外には街灯が設置されている。 青白い灯かりが、ぼんやりとこの3階の窓にも届いていた。 壁にもたれるようにして足を投げ出してベッドに腰をおとしているのは細身の男だ、 薄くて頼りないTシャツの他は何も身につけておらず、伸びた足
31位 風海 時音さん
  • 情報提供成沢家の密事 許されない戯れ 5(R18) Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • バレないように部屋に戻って、それから俺も一人でシた。兄貴が声を殺してオナってる隣の部屋で、兄貴の顔を想像しながら、兄貴の声を想像しながら、兄貴の身体とか、アソコとか想像しながら、一人でこっそり乱れてた。俺だけしか見たことのない兄貴。俺だけしか知らない兄貴。優しくて穏やかな兄貴は、純哉や瑛人・恵人が知っている兄貴。いやらしく乱れる兄貴は、俺だけが知っている兄貴。何かが沸き上がってきた。俺は気付いたん
32位 朝霧とおるさん
  • 情報提供マイ・パートナーⅡ-34 とおる亭朝霧とおるさんのプロフィール
  • 恋を温めていくだけでは足りなくて、曲がりなりにも家族という距離感がこの手に欲しくなってしまった。夢のまた夢だった時は、ただ幸福の象徴として自分の中で理想像を膨らませていたが、現実はこんなにも苦い気持ちが伴う。日曜日に背中を見送るのではなく、毎日この腕の中で抱き締めて眠りたい。しかし求める事で今の関係にヒビを入れてしまうことは怖い。一歩進むために傷付く勇気が必要だとは思っていなかった。柚乃宮の帰宅が
33位 BONNIEさん
  • 情報提供4-2 Bonnieの小部屋BONNIEさんのプロフィール
  • 「大河が俺を受け入れてくれたことが、ありえないって思えてきて。だから、これが現実なんだって思いたくて、誘おうと思うのに……できなかったんだ」どうしても、直希が大河を誘えなかった理由。「だって、あのとき大河、すごく辛そうだったから」そう。あの日、大河はとにかく痛がって苦しんだ。最後こそ"気持ちいい"と言ってくれたけれど、果たしてまたあの行為をしたいのかどうか、直希からすれば怪しいもので。「もう二度と勘
34位 あさみさん
  • 情報提供清水朝巳の腐道中 (14) 〜射撃のコツ〜 BL風味の小説あさみさんのプロフィール
  • ※朝巳Side part6※いきなり鐘が鳴った。カランカランカランカランカランカラーンッ! 「なっ、何事っ」 「お兄さんの射撃の腕に乾杯っ!」そう言われ、ペットボトルを押し付けられると、皆が飲んでるのを見て釣られて飲んでしまった。一口飲むと、コーラだった。 「ありがとう。ごめんね、2丁も使って…」 「いえいえ、コツとか教えてもらいたいです」 「いきなり上級者の方に行ったから、どうしようと思ったのですけど」
35位 ゴーヤさん
  • 情報提供僕が頑張れた理由(23) ゴーヤのBL小説部屋ゴーヤさんのプロフィール
  • そうして、その日すべての競技が終了した。簡単に結果をあげれば、200m個人メドレーも200mバタフライも、400mメドレーリレーも、400mと800mのフリーリレーも、泳いだ種目はすべて優勝。タイムはさすがに今までのベストは出ないものの、自分で予想して目標にしていたタイムと同等もしくはさらに良かったため、慎は気分がよかった。八校戦のあとは、毎年恒例で、会場であるプールの近くにあるビアガーデンを貸し切って、出場校の部員
36位 s-negaさん
  • 情報提供緋の花19 Guideposts-negaさんのプロフィール
  • 学校へ行っていない時は家で菓子を食べたりごろごろしたりしているだけにしか見えない秋星だが、これでも一応才能ある華道家でもある。油断するとだらしのない着方をしている着物もいざとなると凛と着こなし、スッと背筋の伸びた様は邦一が見ても綺麗で格好がいいと思う。ただ解せないのは、何故秋星に花を生ける心が分かるのかということだ。秋星が邦一に言ってきたこともあるので、華道だけでなくどの「道」も簡単に辿り着けるも
37位 なかさん
  • 情報提供two cuts of cake(21-2) ただ好きだという、この気持ち。なかさんのプロフィール
  • 「ええっ?」 長谷川せんせいはまずびっくりしてから、かーっと赤くなった。何て言ったらいいのか困ってるみたいだった。 ごめんなさい、って思わず言いそうになった時、
38位 蒼生さん
  • 情報提供あとがき 【True Colors】 I Love Rock 'N Roll蒼生さんのプロフィール
  • 七海と烈の物語は、いかがでしたでしょうか。少し鈍くて、でも、一生懸命で憎めない。感情に素直で、明るく前向き。勝手な思い込みですが、ドラマーにはそんな感じの人が多い気がします。ギターでもなく、ヴォーカルでもなく、最初からドラムを選ぶ。まず「リズム」が気になる時点で、ストレートな人かもしれない。そういう男の子が何を考えて、どう成長するか。それを書きたいと思っていたら、できあがった物語です。七海には、私
39位 加納さん
  • 情報提供【天然ダンサーは恋が苦手】×【飛鳥井高校男子新体操部DEATH】≪6≫ かのう屋加納さんのプロフィール
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手・飛鳥井高校男子新体操部DEATH】 6男子ばかりのダンスレッスンを最後まで見学すると言う相川を残して、剣士郎と瑠衣はスタジオを後にした。「あんなにいい体してて真面目そうな子ばっかりなのに、新体操部なんてイロモノやってるの、なんだか勿体ないね」駅に向かう道すがら剣士郎は、瑠衣
40位 後藤ゆりさん
  • 情報提供羽のために空はある (34) いい傾向① BLやさい室後藤ゆりさんのプロフィール
  • 六月に入ってすぐ、連日雨が続き、例年より早く梅雨入り宣言がなされた。 衣替えでグレーのブレザーを脱ぎ白いYシャツ姿になった生徒達、校内が明るくなった気がするが、気がするだけ。  久し振りに晴れた日の放課後、学園の敷地に点在するグラウンドでは、ここ数日の鬱憤を晴らすかのように生徒達が部活動を楽しんでいた。屋上一番乗りは、凪彦だった。凪彦はひとり、柵に肘を突き、遠くから聞こえて来る運動部員達の爽やかな
41位 有坂レイさん
  • 情報提供雷が怖いので プレイ37(終) ちりつもBL小説有坂レイさんのプロフィール
  • 1話戻る→   目次へ→ バスルームでの言葉通り、移動したベッドの上で、剃られてツルツルになった所を中心に、舌での愛撫を受け続けた。 相手から、はっきりと明確に幼い言葉遣いをするよう求められはしなかったけれど、意識してい […]
42位 風海 時音さん
  • 情報提供成沢家の密事 許されない戯れ 7(R18) Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • もしかして、俺は勘違いしていたのか?俺が兄貴を強引にラブホに連れてきて、無理やり抱いてるって。そう思っていたのに。「はあ、んっ、悠太、ゆう、た・・・・ぁっ」自分からも腰振って、俺にしがみついて、縋るように俺の名前を呼んで。そんなことされたら、こっちはありえない期待をしてしまうんだけど。兄貴は俺のこと、拒んでいないって。「あ、あ・・・っ、はぁ、あ、い・・・っ」「はあ、は、っ、兄貴、兄貴・・・!」しが
43位 ひかるさん
  • 情報提供【蜜×毒 番外編】ソレの有意義な使い方 中編 BL-R18+ひかるさんのプロフィール
  • こんばんは。ひかるです!このお話はフィクションです!ですので内容についてのご意見は、なしの方向でお願い致します?(ご意見をいただいたわけではありませんが、念のため?)「んっ……」「ほら。ちゃんとポッ○ーを咥えていてください?」そう言ってくくっと喉奥で笑う。ヨコミゾハ真っ赤な顔をして机に手をついていた。先程まで横溝が座っていた椅子には高嶺が座っている。横溝の横に椅子をつけ、屈辱と恥辱に歪む横溝の顔を
44位 sazanami-hさん
45位 ひかるさん
  • 情報提供【蜜×毒 番外編】ソレの有意義な使い方 前編 BL-R18+ひかるさんのプロフィール
  • こんばんは。ひかるです。うちダン第6弾は、「蜜×毒」の高嶺です?Nさん!いつもありがとうございます!!「……なんですか? それは」そう尋ねる高嶺の顔を、椅子に座っている横溝はジロリと見上げた。横溝の前にある大きなデスクの上には決裁を貰うための書類が散らばっている。内容を精査するために横溝が書類を並べたのだ。それはいつものことで、高嶺はそのことについて疑問を口にしたのではない。並べられた書類の中央にあ
46位 凛さん
  • 情報提供華燭の城 - 70 0-story凛さんのプロフィール
  • 使用人棟は確かこの廊下の先を・・・・広い城内を記憶だけを頼りに歩いていただが入り組んだ複雑な造りの城内で、どこまでも続く似たような廊下そして痛み続ける体何も羽織らず飛び出してた寒さが シュリの体力を余計に奪っていた何十分経ったのか・・・・足が動かなくなり廊下の壁に肩を預け ハァハァ・・と息を整えた胸の傷が酷く痛み、右手で胸元をグッと握り締めるとあの鍵に指が触れる「・・・クッ・・・っ・・!」複雑な形
47位 後藤ゆりさん
  • 情報提供羽のために空はある (33) 嵐⑧ BLやさい室後藤ゆりさんのプロフィール
  • 火曜日の学食はいつもより混み合う。 曜日替わりメニューの中で一番人気の、ナポリタングラタンの日だからだ。 これが大好きな凪彦は火曜には必ず学食を利用していたのだが、今日はいない。学食中に甘酸っぱいナポリタンの香りが漂う中、和宏は素うどんをすすっていた。 うどんもつゆも、何の味もしなかった。 料理人の腕が悪いから・・・ではない、和宏自身が、美味しいものを美味しいと感じられる精神状態ではなかったからだ
48位 にゃあさん
  • 情報提供「神とよばれた吸血鬼」  by 桜井海 Be Yourselfにゃあさんのプロフィール
  • 初読みの作家さん、桜井海さんの『神とよばれた吸血鬼』これ、ツイッターで超話題の『おじさまと猫』の作者さんの、デビュー作なんですよ。『おじさまと猫』は、作者がツイッターにアップしている無料漫画なんですが、これがもう猫好きにはたまらんというか、泣かせるんです。不細工だから売れ残ってしまった猫のふくまると、妻子と別れてしまった(たぶん)、孤独なおじさまの運命の出会い。もうね、ホントたまりません。読んでて
49位 Rinkさん
  • 情報提供-a boy meets a boy- (30)★ 時の過ぎ行くまま(Rink's Cafe 別館)Rinkさんのプロフィール
  • JUGEMテーマ:JUNE/BL/ML (御注意)ここはRinkのオリジナル小説を更新しているブログです。小説はBL(ボーイズラブ)的要素が含まれます。BLが生理的に苦手な方の閲覧はお控えください。また★はR描写が含まれます。閲覧は18歳以上の方にお願いいたします。 前話 ← ※一話からお読みになる時は⇒ ★僕の家庭教師さま(出会い編) -a boy meets a boy- (30)★R描写あり 増やされた指が雫のいいところを探るように内
50位 海堂紫さん
  • 情報提供立夏爽やかな風が吹く 九話目 にっちもさっちもポメラニアン海堂紫さんのプロフィール
  • 「時定さんもスーパーに自分で行くんですか?」「うん、だいたい、稔君とね」「スーパーのレジが混んでる時って、やだなーとか思いません?」「そりゃー思うよ。特に、いつも使ってるスーパーが混んでる時なんて」「イラッとしますよね」「でも、店員さんにあたっちゃ駄目ですよ。向こうも仕事で、今日は忙しくて、やだなーって思ってますよ」「そうですね。まあ……レジの人に悪態つくことはないんですけど」「でも、たまに、そう
更新時刻:17/11/25 02:30現在