BL小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:17/07/28 05:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
日高千湖さん
  • 情報提供T・50 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  • 「血の繋がりがあるから『家族』だろ?」武村の言葉を頭では理解しながらも、敬治はそれを受け止めかねていた。敬治の『家族』は、敬治には勿論だが、その母である妙子にも大きな罪を犯していたのだ。唯治がどれ程深く娘の妙子を愛していたか、今となっては計れはしないが、少なくともそれは娘を捨てた男とその父を憎むだけの事はあるのだ。だが、敬治は思うのだ。だったら、妙子への愛情を僅かでもいいから自分に向けてくれても良

2位
ひかるさん
  • 情報提供【アレキサンドライト番外編】君への願い #13 BL-R18+ひかるさんのプロフィール
  • side 菊乃どうしたものかしら。"なに"を"どこまで"話そうか。頭の中で線引きをしながら、井上様の顔を見た。まっすぐ見つめるその眼差しに、諦めて深呼吸をする。こんな真っ直ぐな方に、愚者共――――わたくしを含めた愚かな者たちの足の引っ張り合いなんてお話して、その澄んだ瞳を曇らせたくない。本当にそう思う。この世の中、なぜそんな真っ直ぐな目で物事を見られるのか。その稀有な存在に、わたくしもお館様もすっかり魅了

3位
朝霧とおるさん
  • 情報提供宮小路社長と永井さん『アクアリウム』15 とおる亭朝霧とおるさんのプロフィール
  • 事務所に出勤したあと、井伊夫妻に展示会での成果を報告し、永井はすぐ自分のデスクにしがみ付いて作業に没頭した。宮小路の口車に乗せられて軽く仕事を引き受けたものの、弱小のデザイン事務所にはサンプル作成の予算を組むのも一苦労なのだ。もちろん後々本契約に至れば費用の回収は叶うわけだが、宮小路の付き人らしき鎌田という男のことを思い出して、生温い夢から醒めた。公私混同はされたくない。何はともあれ、午後の約
4位 水尾 央さん
  • 情報提供つれないキミと売れてる僕11-20 夢の続きを見る処水尾 央さんのプロフィール
  • 里見の故意に水没させた携帯は須野がマグカップから出して乾かしたけれど復活しないまま里見のデスクに置かれていた「・・・里見」「あ?」パソコンに向かっていた里見に声を掛けることはほとんどない須野だったけれど、声を掛けずにはいられなかった。里見が壊れて動かない赤い携帯を見つめていたから本当は沈めて壊すなんてことしなくたって良かったはずの携帯里見は仕事だと言って、それを疑ったのは須野。勝手に嫉妬して、浮気
5位 坂東蚕さん
  • 情報提供向かい風を行く 61 ロマン燈籠坂東蚕さんのプロフィール
  • 同じ男だからこそ、甲斐が言おうとすることは、薄々想像できている。「いくら好き好き言ってても、どうせセックスできないくせにって言いたいんだろ」「ヨシキさん」「まあ、俺も男だし。わかるよ。なんか、そういうの。いくら好きでもヤルのは嫌とか言われたら、付き合ってる意味ねえからな」美貴はベンチを飛び下りた。やはり図星だったのか、決まり悪げに甲斐は眉をしかめている。そんな甲斐に再び詰め寄り、長身の男を仰ぎ見た
6位 風海 時音さん
  • 情報提供完璧男子に類なし 真昼の獣 15(fin) Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • 指輪が、指輪が・・・無くなる!俺があいつに贈った指輪が、あいつと俺の・・・結婚指輪が!「っ!」気がつくと俺は、走り出していた。無我夢中で階段を下り、外に出る。あいつはこの向きにある窓から投げた。ってことは、この草むらかあっちの道路にあるはずだ。見渡した限りだと、どこにも指輪はない。光るものすらない。・・・這いつくばって探すか。俺はその場に身を屈めて、指輪を探し始めた。あった!・・・違う、50円玉だ。
7位 イヌ吉さん
  • 情報提供みなさま!明日の朝8時に!! 真昼の月イヌ吉さんのプロフィール
  • みなさま!いつも「真昼の月」に遊びに来て下さりありがとうございます!!また、お休み中にもかかわらず、「お話書いてますか〜!?」のポチをありがとうございます!!書いてます!!書いてますよ〜〜!! あの、あの、みなさま!前回「月に一度のランチ 8(完)」にて告知させていただいていたのですが、「夢見月夜曲」の日高千湖様が、「同じ空の下で」の最終回に寄せて、お話を書いてくださったのです!!ワタクシ、「挿絵
8位 白黒ぼたんさん
  • 情報提供合間 ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 『……あ、イツキ。…悪い、こんな時間に。あのさぁ、俺、約束、明日って言ったっけ?』「…………ん?…………なに?、……かじわら…」『え、ほら。夜、一緒に勉強しようって言ってたやつ…』「…………ん?」夜の8時ごろ。梶原は予備校の合間の時間に、イツキに電話をする。約束の確認をしたかったのだが、電話の向こうのイツキはどこかぼんやりとしていた。『…あのさ、明日もちょっと忙しくてさ。…明後日でもいいかな?』「
9位 優乃 悠さん
  • 情報提供約束と誓い…49 悠の頭の中優乃 悠さんのプロフィール
  • 颯は布団の上で耳を澄ます。下で洗濯機の止まる音がした。その前は鍋を出す音ががちゃがちゃと聞こえていた。命のパタパタと歩くスリッパの音がする。縁側の引き戸が開く。聞いているだけで心が温かくなってくる。iPhoneで時間を確認する。午後にはアメリカに行く命を空港に送らなければならない。ラインを見ると一方通行だったラインに「既読」が付いていた。古い家に命のいる気配がする。 叫びたくなるほど嬉しい。「はっくしょ
10位 にゃあさん
  • 情報提供若頭なのに異世界トリップしちゃいました−8 Be Yourselfにゃあさんのプロフィール
  • にゃあの小説ブログに、ようこそ。はじめての方は、カテゴリの“目次”のページをお読みください。「これは・・・」「先々代の竜王の番となられた、イチジョウカヲル様の手記でございます。イチジョウカヲル様がこちらの世界に来られたのは、まだ16歳の時だったということです。確か、元の世界、つまり日本ですが、そちらでは高貴な一族であられたようで、大切な跡取り息子だったためしばらくは大変な取り乱し様だったと記録され
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 滝川さん
  • 情報提供【叔父甥SS】叔父さん、僕を大人にして#29〜最終回 滝川勝之つれづれ滝川さんのプロフィール
  • うわぁぁぁん!ごめんなさいーーー!!!夏コミの混乱でどうにかしていたらしく、すっかり最終回を載せるの忘れていましたΣ( ̄ロ ̄|||)ほんとーーに申し訳ありません!(最終回は割と早く書き終わってたので、その余裕がいけなかったみたいです(´;ω;`)いや、もう、本当にただただ忘れてて申し訳なかったと、素直に謝ります。最後に更新した28話からだいぶ離れてしまいましたが、尻切れ蜻蛉なのも申し訳ないので、良かったら
12位 ゴーヤさん
  • 情報提供俺を見ろ(38) ゴーヤのBL小説部屋ゴーヤさんのプロフィール
  • 「イギリスらしく、パブに行こうぜ」ラグビーからの帰り、そう言って崇裕に連れられて、イギリスの居酒屋に2人は入った。直弥もまだ興奮が冷めやらず、そのままホテルに帰る気はなかった。パブの中はやはりラグビー一色で、色々な国の旗が貼られ、そしてテレビはラグビーの試合が流れていた。よく見ればさっきの試合の再放送のようで、ふたたび会場の興奮が呼び起こされる。戸惑いながらカウンターで酒を買い、そして店の一角に2人
13位 風海 時音さん
  • 情報提供完璧男子に類なし 真昼の獣 を終えて Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • いつも小説を読んでいただき、ありがとうございます。夏ですね。熱いですね。風海です。さて、いかがでしたでしょうか。橘と瀬戸くんのなんとも切ないお話をご覧いただきました。これで終わりなのか、とやきもきした皆様、ご安心ください。前後編となっておりますので、後編でまたお会いできることと存じます。この作品をご覧になった皆様へ。橘のことを嫌いにならないでください。彼は優しいだけです。瀬戸くんのことも嫌いになら
14位 加納さん
  • 情報提供【天然ダンサーは恋が苦手】≪74≫ かのう屋加納さんのプロフィール
  • BL小説です。男性同士の恋愛物語ですので、苦手な方はそっと画面を閉じていただけますよう、お願いいたします。【天然ダンサーは恋が苦手】 74冷蔵庫から取り出したペットボトルのキャップさえ、震える手ではうまく開けられない。セックスなんてみんな経験する事なのに、なんでこんなに怯えているのだろうと自分に呆れるが、それでも怖いものは怖いのだ。「……だって、男同士だし……」こんなことになるなんて、出会った時は思
15位 日高千湖さん
  • 情報提供半夏生・9 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  •  籐篤高校の卒業生から、新聞部の部長だったという沖に連絡をする事が出来た。面倒見の良い性格なのか、沖は俺が聞いていない事まで話してくれた。『俺も卒業以来、連絡を取ってなかったんですよ。彼、現役の時に受験に失敗しちゃったんで』それで就活用のスーツを持っていなかったのか。という事は、学年は俺と同じなのかな?「そうですか」『今、どこの大学に行ってるか知ってますか?』っていうか、あんたが知らない事を俺が知
16位 白黒ぼたんさん
  • 情報提供小さな約束 ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 10月の連休を挟んで4日間、梶原は予備校の集中講座に参加していた。午前に3時間、合間に休憩と自習を挟んで、午後には5時間と、ハードな内容だったが、常日頃、自己流で勉強を続けている梶原には、ありがたい機会だった。「……俺はもうウンザリ。あと2日も耐えらんない」飲食が出来るラウンジで、買って来たコンビニの弁当を食べながら大野は盛大な溜息をつく。大野にしてみれば普段の予備校生活が、さらに強力に延長された
17位 itti(イッチ)さん
  • 情報提供『寄り道しないで帰ろうよ。』 205号室-30. ittiのBL創作小部屋itti(イッチ)さんのプロフィール
  •  いつもなら、少々疲れていても食事の時にはしゃべってくれるアツシが、今夜にかぎっては寡黙な男になっている。「美味いか?」 俺が、目の前の野菜炒めを指して聞く。「ん?..........ああ、美味い、っていうか別にいつもと変わんないよ。大抵が炒める料理だしさぁ、味付けはその都度違うけど.....。拓海の料理は美味いよ、オレは好きだし。」 そんな事をいうアツシだったが、無理に合わせてくれているようで、なんとなく変だ
18位 後藤ゆりさん
  • 情報提供独壇場Baby (41) 約束 BLやさい室後藤ゆりさんのプロフィール
  • 「颯介っ! 早く早くっ。」素っ裸のキラキラ彬が、お花畑の中を駆けている。 「待てよ彬ぁ〜っ!」 と追い掛ければ、飛び交う小鳥たちが 「ラブラブねぇ! お似合いよぉ!」 と囀る。大丈夫、”これは夢だ” と分かってる。裸でお花畑で戯れる・・・なんていうベタな夢を見てしまうくらい、俺は今、幸せの絶頂にいるのだ! 夢の中、やっとのことで彬に追いつき抱き着いたら、勢いで二人で倒れ込んでしまった。 お花畑の地面は
19位 ひかるさん
  • 情報提供【アレキサンドライト番外編】君への願い #14 BL-R18+ひかるさんのプロフィール
  • side アキひとことひとこと、言葉を選ぶように慎重に話す菊乃さん。じぃちゃんが菊乃さんのために動かないわけがないと思うけど、そんなじぃちゃんだったらついて行かないって意志を感じた。大人の恋は、わからねーなぁ。「ですから井上様」ふっと視線を外したと思った次の瞬間、菊乃さんは姿勢を正し、まっすぐに俺を見た。「身辺にはお気をつけください。できましたら事がおちつくまで、こちらにご逗留いただけませんか?」「え
20位 麻斗 結椛さん
  • 情報提供うたかたの夏恋 4 醒めない夢麻斗 結椛さんのプロフィール
  •  届いたグラスで乾杯した後、彼は自己紹介した。「俺、ジュンって言います」「ジュン……さん……」 年齢が分からないので、敬称をつけたら「呼び捨てでいいですよ」と小さく
21位 蒼生さん
  • 情報提供secret party 11   健太 I Love Rock 'N Roll蒼生さんのプロフィール
  • とうとう、昌行のお祝いパーティの日がやってきた!僕たちは、一昨日から東京に来てた。そのために、全員、仕事を前倒しで頑張ったんだよ。練習も、必死にやったしね。特に、笙さんと要さんには、すっごく頑張ってもらった。笙さんには、練習や仕事だけじゃなく、パーティの準備。要さんは、仕事だけじゃなく、二週間前にソウルで学会発表があった。すっごく大変だったと思うのに、ニコニコと二人とも協力してくれる。ほんとに、あ
22位 s-negaさん
  • 情報提供ホンモノの恋31 Guideposts-negaさんのプロフィール
  • 嫉妬したと告げはしたが怒っている訳ではなく、とりあえず聖恒は二人で話がしたかった。嫉妬というのも大げさかもしれない。ただちょっと気に入らなかったというか、恵のことを分かっている感じを口にされたのが嫌だっただけだ。困惑しつつ「ここ、とか?」と一応教えてくれた恵に示された教室へ入ると「勝手にイライラしてごめんね」と聖恒はとりあえず謝った。「いや、構わないけど……一体何にイライラすることがあ
23位 あさみさん
  • 情報提供18禁!ネコの事情 (4) ※ソフトな性描写あります※ BL風味の小説あさみさんのプロフィール
  • 結局、24日間も学校を休んでいた啓は、3月頭にある大会に向けて練習しているサッカー部を退部する事にした。3週間もしてないと身体は鈍ってるからだ。それに、その間の勉強の方で宿題も出されていて、それをしていかないと3年生に進級できないのだ。退部して良かったというものだ。啓の実家からの寄付金が桁違いに大きいのもあり、学校側としては無下にできないというのもある。しかも、選択科目の美術からは、1枚の油絵を描いて提
24位 有坂レイさん
  • 情報提供親睦会18(終) ちりつもBL小説有坂レイさんのプロフィール
  • 1話戻る→   最初から読む→ 今後のことは帰ってから話そうと言いながらも、そんな時間が取れたのは翌週末の日曜の、それなりに遅い時間だった。 相手は土曜の朝からその時間まで何処かに出かけていて、一応出かける前には一言貰っ […]
25位 水尾 央さん
  • 情報提供つれないキミと売れてる僕11-21 夢の続きを見る処水尾 央さんのプロフィール
  • 「ホント!毎回言うけどねぇ?来るなら連絡しなさいってば!」春子の店へやってきた須野と里見はいつも通り春子の小言を聞きながら彼らの専用席になっている奥の小部屋へと足早に入っていく「それで?食べたい物は?」「適当にー」「またそれ!」「アハハ。今日、お店忙しくなさそう?」「まぁ、見ての通りよ。そもそもあんたたち来るの遅すぎ」忙しいときは部屋の椅子に座ることなんてない春子がビールを2人の前に出してから座っ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 麻斗 結椛さん
27位 朝霧とおるさん
  • 情報提供宮小路社長と永井さん『アクアリウム』14 とおる亭朝霧とおるさんのプロフィール
  • 軽快にファンファーレでも奏でたくなる朝。悩ませている事すら嬉しくて、つい悪乗りしたことは認めなければならない。真面目な性格が祟って気に病んでいるようだったが、ルームサービスで取り寄せた朝食を永井は残さず平らげる。宮小路はその様子を見て一安心し、フロントに頼んでおいたジャケットやシャツを永井に着せていった。されるがまま、しかし戸惑い萎れる仕草が堪らなくて、思わず手を引き寄せて唇を寄せる。困惑したまま
28位 坂東蚕さん
  • 情報提供向かい風を行く 60 ロマン燈籠坂東蚕さんのプロフィール
  • 「だけど、僕みたいなゲイと付き合ったことないはずですよね? ヨシキさん」咎めるように指摘され、美貴は目尻を険しく吊り上げる。「ないよ。ないけど、だったら何なんだよ」呑みかけの缶ビールを木製ベンチに置き、荒んだ口調で言い返す。負け試合だとわかっていて、無駄にあがいている。届かない、届かないと喚いている。缶の底をベンチに叩きつけ、そんな自分に歯噛みした。美貴は不貞腐れて俯いた。往生際が悪すぎる。そんな
29位 日高千湖さん
  • 情報提供半夏生・8 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  • 「雨、止まないね」「そうだね」彼の傘が雨粒を弾く。ポンポンと小さな音を立てながら傘を打つ雨粒が軽快に転がり、宮嶋の喪服を濡らしていた。宮嶋の喪服もレンタルだから、少々袖が長いようだ。「先生、もう天に着いたかな?」「うん、ちゃんと到着したんじゃないのかな?」「そうか」宮嶋は空に向って手を伸ばした。彼は届くはずもない叔父への想いを抱えて生きていくのだろうか。心に負った深いキズを少しでも癒やしてあげられ
30位 なかさん
31位 蒼生さん
  • 情報提供secret party 12   昌行 I Love Rock 'N Roll蒼生さんのプロフィール
  • 「今日は、集まってくれて、ありがとな! ドレスコードはカジュアルの無礼講。 思いっきり、楽しんでってくれれば、俺たちも嬉しい!」隣に立ってる英一さんの挨拶から、祝宴が始まった。祝われてる当事者だから、照れくさいが、そんなこと言ってらんねぇよな。「まずは、本日の主役、三人から挨拶してもらおうか! 最初は、俺の大事な弟分、前野上商事社長の斎藤昌行!!」ポンとマイクを渡される。人前で喋るのも慣れちゃあい
32位 尚(創作小説屋)さん
  • 情報提供再録・(BL小説)風のゆくえには〜南の妄想 創作小説屋尚(創作小説屋)さんのプロフィール
  • すみません。再録です。2017年4月4日投稿「現実的な話をします8」の「おまけ」のみ。「おまけ」の話、探すのが面倒なので短編として抜き出してます------------------高校2年生時代、慶・浩介・溝部・山崎・斉藤の5人で仲良しグループでした。明るい超美少年・渋谷慶、天然優等生・桜井浩介、お調子者でクラスの盛り上げ役溝部祐太郎、地味で大人しい山崎卓也、極々普通の青春謳歌している斉藤健一。南ちゃん腐女子フィルターに
33位 ゴーヤさん
  • 情報提供俺を見ろ(37) ゴーヤのBL小説部屋ゴーヤさんのプロフィール
  • 「とりあえず、相手の陣地にボールをつくか。もしくは蹴って、ゴールに入れるか、それで得点。ボールは前に投げちゃいけない。はい、これでOKだから。」崇裕からずさんなルール説明を受けただけだったが、それでも試合は非常に面白かった。鋭くて華麗なパスの連携遠くから蹴ったのに入ってしまうゴール力強いタックルと、それによって切り開かれた道を全速力で走る選手。パスの音、タックルの音、キックの音。それらが聞こえてきて
34位 s-negaさん
  • 情報提供ホンモノの恋30 Guideposts-negaさんのプロフィール
  • どうやら予想以上に聖恒の言葉が嬉しかったようだと恵はそっと思う。「俺のこと好きだって大事にしてくれてるよ」確かに嬉しい言葉ではあるが、そんなに嬉しいなんて自分でも思っていなかった。ちゃんと俺、大事に出来ているんだ。そして相手にそう思ってもらえるんだ。よく、何を考えているか分からないと言われた身としては驚くほどホッとしたし嬉しかった。聖恒がちゃんと気づいてくれるからか、それとも自分の態度も今までと今
35位 水尾 央さん
  • 情報提供つれないキミと売れてる僕11-19 夢の続きを見る処水尾 央さんのプロフィール
  • 「あの、あの・・・」「いいじゃないか。別に。お前が幸せにしたい相手で、幸せになれる相手が彼だというのなら」「えっと、あの・・・あの・・・」恥じているわけじゃない。でも、里見のことを言ってしまっても里見は困らないだろうか。里見はカタン・・・音のした方へ須野と高砂が視線を移すとそこには頭を下げる里見の姿里見が頭を下げていることに慌てて須野は里見へ近付いた「初めまして。里見 光です。親友というのを隠れ蓑
36位 ひかるさん
  • 情報提供【アレキサンドライト番外編】君への願い #12 BL-R18+ひかるさんのプロフィール
  • side アキ「菊乃さん! 黒木さん!」玄関の戸を勢い良く開けると、菊乃さんがほんの少しだけ驚いた顔をして振り返った。「黒木様ですか? ちょうど今お帰りになりましたけれど」そう言って車の走った方向を見る。もうそこには車はなくって、遠くで坂を下っていくエンジンのカラカラとした音だけ聞こえた。「菊乃さん、俺――――」「さて、明日は七夕ですし、お素麺を茹でましょうか」「き……」「今日はそれを買いに出たのです
37位 風海 時音さん
  • 情報提供完璧男子に類なし 真昼の獣 14 Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • インターフォンを押すと、機嫌の悪そうな声が聞こえた。『来ると思ってました』「思ってたんなら早く開けろよ」『兄に用事ですか?』「当たり前だろ。瀬戸と話をさせろ」汀がため息を吐く。いや、ため息吐きたいのこっちだし。『話をさせるわけにはいかないって言いましたよね?』「いいから開けろって」『・・・・・・』渋々ドアが開く。その動きにイライラして、強引に手で押し開けた。汀の家だろうが構うものか。急いで中に入る
38位 加納さん
39位 滝之組さん
40位 神山美夏さん
  • 情報提供「気分は、下剋上」 《夏》133 腐女子の小説部屋神山美夏さんのプロフィール
  •  画面を見たら岡田看護師からだったので即座に出た。『田中先生夜分に大変申し訳ありません。ただ、お知らせしておいた方が良いと思ったものですから、厚かましくもお電話を差し上げた次第です』 幾分潜めた声の調子やノイズとして拾っている周囲の音からして彼女は夜勤中なのは確かな感じだった。「いえ、構いませんよ。何か変わったことでも有りましたか」 潔癖な性格が多い看護師の中でも特に生真面目そうな彼女のひととなり
41位 谷脇終生さん
  • 情報提供コンビ愛(1/1) 不埒谷脇終生さんのプロフィール
  • ※エロ無し。以前出した短編集の一つの続編というかおまけ。(簡単な前編あらすじ、というか設定。養成所時代からコンビを組むミヤ(受)と夜明(攻)。コントの打ち合わせをしていたら流れでセックスしてしまうがまだ付き合ってない感じ) 家で飯食いながら仲のいい先輩芸人、森村さんの番組を見る。今回のトークテーマは「コンビ愛強すぎる芸人」で、続々仲が良いコンビが登場してくる。 最後に俺の相方の夜明が出て来たので食
42位 フミさん
  • 情報提供『坂を上れば』164 ローザヴィシュカフミさんのプロフィール
  •  住人が半分に減った夏海館に朝が訪れ、昨日の朝と同様、カートと森は出勤前の花巻に朝食を用意し丁重にもてなした。 真っ赤なベルベットのガウンでダイニングに降臨した
43位 sazanami-hさん
  • 情報提供縺曖 157 sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • にほんブログ村 BL小説“男同士で好き合うとか、反吐が出る”僕が皇くんを好きだという気持ち、それを表に出したら皇くんは、恋愛感情ではないと言っても気持ち悪いと感じて
44位 麻斗 結椛さん
  • 情報提供うたかたの夏恋 醒めない夢麻斗 結椛さんのプロフィール
  • 旅先のリゾート地。僕は行きずりの男に、恋をした。夏の短編。隔日更新です。
45位 やぴさん
  • 情報提供近況など 空想を枕にやぴさんのプロフィール
  • こんばんは、やぴです。ご無沙汰しております。皆さまいかがお過ごしですか?なんだかめちゃくちゃ暑くないですか!?しかも急に土砂降りとか来るし…。とにもかくにも日常が忙しい。仕事には慣れたんですけど(もう四か月経ちますし)、以前のように休憩時間を自分の為にフルに使えないという欠点が…。前は完全ひとりで休憩出来て、その間に創作なんかしてたんですけど、今はガヤガヤ五月蠅い休憩室でご飯食べなきゃだし、大抵誰
46位 千住さん
  • 情報提供You Must Believe in Spring 7 Interplay千住さんのプロフィール
  •  美和と映画に行った次の日、星一の身体に異変が訪れた。 朝、二階から一階へ降りようとして階段を踏み外した。ダイニングで朝食を食べようとして箸を取り落とす。湯呑みを取ったつもりが空を摑み、ふたたび湯呑みを取ろうとしてお茶をテーブルに零してしまった。「顔色が悪いけど、大丈夫?」 洗い物をしていた母親に心配される。そのときようやく、星一は自分の感覚が狂っていることに気づいた。身体に膜が貼り付いているよう
47位 えんむさん
  • 情報提供愛なんかないー369 飼い殺し エンムブック2えんむさんのプロフィール
  •  40分くらいでやめたが、 ほんの少しの時間、 ミナトと一緒に 役を演じるのはなんだか 新鮮だった。 松坂とは違う感覚。 ミナトに与え過ぎず、 しかしたまには ゆづるの力で仕事を 与えることで、 じんわりとミナトを 飼い殺しに しているゆづる。 売れてしまうと色々 面倒だが、 希望を見せることで ゆづるから 離れられないように 巧妙に計算している。 それでも二人の間には 愛があるとゆづるは 思って
48位 なかさん
49位 後藤ゆりさん
  • 情報提供独壇場Baby (40) R18 BLやさい室後藤ゆりさんのプロフィール
  • ≪ 多田 颯介 ≫はぁ・・・堪んね・・・。 彬が俺のをフェラしてるとか、これ、夢じゃないよな?正直、技術はいまいちだ。 けど、小さなお口で俺のデカいのめいっぱい咥えて、ウグウグ苦しそうにしながらも、一生懸命、俺を気持ちよくさせようと頑張ってる。 その可愛い顔をこの目で見たい! けど、シックスナイン中だから顔が見れねぇんだよな。告白(!) の後、彬を愛撫してたら何故か反撃にあってフェラされてしまっ
50位 あさみさん
  • 情報提供新作!!ネコの事情 (1) BL風味の小説あさみさんのプロフィール
  • 俺はレモン。なぜか人間の言葉が分かる珍しいネコなんだ。俺の周りにいる仲間たちも、同じ様に人間の言葉が分かる。飼い主である人間には、俺たちの言葉は分からない人が大勢いる。だけど、一握りの人には分かるらしい。その内の一人であり、俺の飼い主のケイも何となくだけど分かってくれてるみたいだ。あと、ケイの兄のテンも分かるみたいだ。だけど、ケイの弟のソラには通じない。そして、自由に意思疎通が図れる唯一の人間、ス
更新時刻:17/07/28 05:30現在