BL小説 注目記事ランキング

  • 更新時刻:18/06/21 20:30現在
カテゴリー
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード

1位
日高千湖さん
  • 情報提供青い朝・26〜『待つ夜ながらの有明の月』番外編 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  • 「薫、帰ったんじゃなかったのか?」そう声を掛けると、薫はムスッとして答えた。ここに居るのは本望ではない、って顔をしている。「帰るつもりだったんですけど、小鳥居さんとバッタリ」薫は不機嫌そうに後ろにいた小鳥居を見た。薫がここを出て30分は経っていると思う。その間、2人は外で立ち話でもしていたっていうのか?「俺、ちょっと章太郎さんの所に顔を出してたんです」「ああ、それでね」仕事終わりにやって来た小鳥居

2位
白黒ぼたんさん
  • 情報提供デートプラン ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 梶原は都内のガイドブックとケータイを眺め眺め、イツキと、出掛けるプランを考えていた。本当は卒業旅行よろしく、泊りがけで遊びに行きたいのだけど…それは、キッパリ断られてしまった。近場で、あまり賑やか過ぎず、それでも楽しくて、……ちょっと落ち着けるところ……「……いや、別に、落ち着いてどうこうとか、考えてねーし、…恋人同士かよ」自分でツッコミを入れながら、梶原は誰もいない部屋でふふふ、と笑った。場所は

3位
碧月 律さん
  • 情報提供リビドーの情動 35 夢見草屋碧月 律さんのプロフィール
  • 「大丈夫か?」 都築さんが常盤の背を支えるようにしてくれてとりあえず頷く。「じゃあサツは証拠集めをしてるんだな」「はい。常盤さんの家の周辺にサツがちらほらといるな、と思って片瀬刑事に確認してみました」「そうか。……サツはほんっと役に立たねぇな。それならさっさと常盤を保護でもしてくれりゃよかったのに……」 叔父が父を……? 本当に……? 信じられなくて気分が悪くなってくる。「それなら叔父が捕まるのは
4位 日高千湖さん
  • 情報提供青い朝・27〜『待つ夜ながらの有明の月』番外編 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  •  大切な薫の一大事と聞き、木下章太郎がすぐに駆けつけた。だが僅かな時間しか《イゾルデ》を抜けられず、薫は章太郎の仕事が終わるまで預かる事になった。三木くんは箱根に出張中、山下くんは《サラダボックス》の件で忙しく、章太郎の交代要員がいなかったのだ。「薫は真っ直ぐ家に帰ったと思ってたんですけど?」ベッドに寝かせた薫の髪を撫で上げながら、章太郎は不機嫌そうに俺を見上げた。「俺が引き止めたわけじゃないから
5位 なかさん
  • 情報提供◆ありふれた風景23(2)◆ ただ好きだという、この気持ち。なかさんのプロフィール
  • 「悪いのはあいつだ! ノエルはそろそろ去勢した方がいいなんて言うから!」「は、あの、忍足先生、」「去勢だよ去勢、男にとってそれがどんなに屈辱的なことか、長谷川先
6位 水尾 央さん
  • 情報提供青春はプールの中で13-45 夢の続きを見る処水尾 央さんのプロフィール
  • 楽しみな予定があると何故か時の流れは遅く感じるもの。それでも日々、仕事や友人と過ごしながら時間は平等に流れて行くもの「ねぇ!流ちゃん!バレーの忘年会出ないって聞いたけど」「あぁ。出ない」「なんで?」「瑞樹だって出ないだろ」「いやいや、それはオレ、バレーやってないからだし!」そういえばそうだった。野球とフットサルは誘った時に乗って来たけれどバレーボールだけはルールも判らないし、興味もないと言われたの
7位 桜庭ちひろさん
  • 情報提供7周年記念SS 05 役夫之夢桜庭ちひろさんのプロフィール
  • *  *  *「……マジで寒かった」呟く俺の声が閉鎖空間でわんわんと反響する。冷え切った鼻先を温めるように、湯船に顎まで浸かりばしゃりと両手で顔を濡らした。あんまり寒かったものだから、いつも風呂はシャワーで済ませるのに今日は湯を張ってしまった。あの後、結局逃げるように家に帰ってきた。あのままあの場にいたら梶原が上に上がってきそうな気がして、急いで保育園を後にした。しかも、出るときはビルの裏口からと
8位 有坂レイさん
  • 情報提供追いかけて追いかけて27 ちりつもBL小説有坂レイさんのプロフィール
  • 1話戻る→   最初から読む→ たどたどしくも何が怖いかを伝えれば、相手からはやっぱり、わかってるよと返ってきた。傷つけたいとも悲しませたいとも思ってないことはわかっているのに、いちいち心揺らされて落ち込んでてゴメンねと […]
9位 白黒ぼたんさん
  • 情報提供仕返し ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 「……や、だ……、や………、…………いや…」自分の寝言で目が覚める。イツキは薄闇の中、ここが、どこか、しばらく解らなかったのだけど自分の部屋で、隣には黒川が寝ていて…、さっきの出来事はただの夢だったのだと気付いて、一つ、深く息をつく。あんな写真を見たせいか、昔の事を思い出してしまった。どれ、という話ではない。どれでも、あの時分はいつも、酷い目に遭っていた。好きで男に抱かれていた訳ではない。悔しくて
10位 風海 時音さん
  • 情報提供落花流水 兎たちの誘惑 光基編 2 Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • 今日、日勤だから行けると思う。何か食べたいものはある?利治さんからのメール。そのメールを無表情で読みながらも内心はワクワクしていた。利治さんが来てくれる。一緒に寝てくれる。きっと、それ以上のことは望めないけど、いてくれるだけで構わない。メールを返信しようとして、ふと顔を上げる。「光基ってば」・・・早瀬?「・・・あ、ごめん、何?」「今、話しても大丈夫?」「うん」俺の前に座っている早瀬が、俺の顔色をう
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
11位 水尾 央さん
  • 情報提供青春はプールの中で13-46 夢の続きを見る処水尾 央さんのプロフィール
  • アラームの音が柿内の部屋に鳴り響く重い体を起こしてアラームを止めると昼過ぎを指した時計に背伸びをして無理やり体と頭を起こした仕事としてキツい1週間だった。周りにはそこまで追い込まなくても。そう言われ、柿内もここまで無理をしなくてもいいと判ってはいたけれど少しでも予定より進ませておかなければ今日の予定が崩れる不安で無理矢理進めた1週間。予定よりだいぶ進んだことでこの週末は崩れることなくゆっくりと過ごせ
12位 なかさん
  • 情報提供◆ありふれた風景23(3)◆ ただ好きだという、この気持ち。なかさんのプロフィール
  •  そこまでは長谷川の計略どおりだったのだが。「ああどうも。向井です」「どーも。佐上です」 ・・・どうしてこうなっちゃったんだろう。長谷川は内心、頭を抱えずにいられ
13位 星鼠さん
  • 情報提供合わせ鏡 33 星砂糖星鼠さんのプロフィール
  • 春が来て、ちひろの浪人が決定した。「どうせ分かっていた事だ。人生そんな甘くはないさ」母親も、ただ息子の平安だけが望みなのだろう、笑っていた。だがちひろが席を外した時、少しだけ愚痴るように「第二志望の 地元は受かってたんですよ」と言った。それはつまりここから通う事に拘っているという事か。柊は声が浮つかないよう抑えながら、「第一志望は レベルだけでなく いい大学ですから」と言った。「病院に近い方が 安
14位 八朔みかんさん
  • 情報提供プレシャスデイズ 〜 孤独のミザール 最終話 Nikki Drop八朔みかんさんのプロフィール
  • 「僕がここへ来た理由も先生と同じでした。恋人を亡くして生きる目的を見失いかけた時、過疎地の医療に携わっていくことで心の空白を埋めようとしたんです。だから、ここへ来た動機は自分のため、。過疎地の医療に従事して助けになりたいなんて高尚なものではありませんでした。でも、そんなこと どうでもいいんじゃないんですか? 村人の生命と健康を守ることに力を尽くしさえすれば。志なんてモチベーションを上げるための手段
15位 後藤ゆりさん
  • 情報提供IGNITER (21) 秋吉⑤ BLやさい室後藤ゆりさんのプロフィール
  • akiが来てくれた・・・自宅に戻ってからも、シュウセイの興奮は冷めやらない。 ベッドに入って目を閉じると、”THE NANAO” のテーブルに座ったakiの姿が浮かび、交わした言葉のいちいちが思い出される。「食べ物のアレルギーや、苦手な食材はございませんか?」「あぁ、ヒサシは何でも食うし、刹那は食わず嫌いが多いだけだから大丈夫。 オレは・・・シイタケが駄目かな、あの、裏っ側のヒダヒダが駄目で。」a
16位 風海 時音さん
  • 情報提供落花流水 兎たちの誘惑 光基編 3 Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • 「喧嘩でもした?」「ううん、全然」違うのか。それなら一体、何を悩んでいるのだろうか。「こ・・・恋人、なのに、全然、その・・・・・・なくて」・・・・・・は?早瀬、何を言ってるんだろう。恋人なのに全然ないって・・・何が?そもそもそんなに言いづらそうにするなんて、・・・・・・、・・・あ、そういう、こと?俺が全然利治さんとそういうことをしていないのと同じように、早瀬も椿さんと全然・・・ってことか。「・・・
17位 後藤ゆりさん
  • 情報提供IGNITER (22) 電話① BLやさい室後藤ゆりさんのプロフィール
  • 土曜日、静岡市民文化会館。 日曜日、日本特殊陶業市民会館(旧名古屋市民会館)。−miu− TOUR ”IGNITER” は続いている。土日の ”THE NANAO” 町田店の休憩室は、店に−miu− のメンバーが現れた話で持ちきりだった。 シュウセイは、両日ともランチからディナーまでフルのシフトで、「シュウセイ、ほんっとにakiと友達じゃないの?」「『合コンして』とか『チケット回して』とか言わないからさ
18位 星鼠さん
  • 情報提供合わせ鏡 34 星砂糖星鼠さんのプロフィール
  • そしてちひろは予備校に通い始め、柊は一年後に始まる生活のための準備に取り掛かる。無駄な出費を抑えて貯蓄に回す。知らない間に増えた生活用品や雑貨を整理する。余分なものをそぎ落としていく事で清々しい気分になれる。禊のようだ、と思う。こんな風に欲も洗い流されていくといいのに。ちひろへの劣情は、抑える事は出来ても消す事は出来ない。時に柊は温厚な青年の皮を被った獣と化す。毛穴から精液に似た匂いが漂い出すよう
19位 itti(イッチ)さん
  • 情報提供『迷惑な落とし物。』番外編「お買い物」その2 ittiのBL創作小部屋itti(イッチ)さんのプロフィール
  •  貴重な休み。しかも、引っ越し明けの、普通なら部屋でまったりとくつろいでいる時間に、俺は一人腹をたてながら並木道を歩く。後ろでは正臣がしきりに謝っているが、どうしたっていい顔は出来なかった。ソファーなんて、俺にとってはどうでもよくて.....。休日が合わない分、風呂上がりにベッドの上でゆっくりしゃべったり、触れ合ったり。それで充分だと思っていた。強い日差しは遊歩道に並ぶ木々で遮られると、キラキラと輝く
20位 kayao99さん
  • 情報提供ナツノヒカリ 45 空々と漠々 kayao99の小説置き場kayao99さんのプロフィール
  • カラオケボックスに結衣ちゃんと二人。シブる結衣ちゃんを引っ張って連れてきた。歌ってりゃ間が持つし、オレ、カラオケはキライじゃない。オンチだから歌えないという結衣ちゃんは、「真島くんの歌聞きたいな」と言う。「じゃあまずはオレが一曲歌ってみよっか」「うん」「何がいいかな〜」「真島くんがよく歌ってるの聞かせて」「よく歌ってるの〜?」う〜ん。何がいいかな。ミスチル?母の節子はミスチルが好きで子供の頃から子
21位 BONNIEさん
  • 情報提供アゲイン 4-4 ※R-18 Bonnieの小部屋BONNIEさんのプロフィール
  • 4-4 ※R-18*こちらはR-18ページです。*ご理解ある方のみお進み下さい。「あ、…ん…!」恥ずかしそうに目を泳がせながらも、快感から本気で逃れるつもりではないのが分かる、声、そして反応。捩る腰は決して陸の口から離れることはないし、普段聞いたことのない艶めいた声は、気を抜けばすぐにでも陸の理性を切ってしまいそうなほどに色っぽい。だから耳を塞ぎたいのに、それでもやっぱり聞いていたい。だから陸は、千田をぐい
22位 s-negaさん
  • 情報提供緋の花130 Guideposts-negaさんのプロフィール
  • 立て続けに二回した後で、邦一は鏡を思い出した。「何」「あー、鏡……」「鏡が何やのん」「いや、ここにあるの忘れてたなと」「覚えてたら何なん」珍しく少し眠そうな秋星が、それでも怪訝な顔をしながら聞いてくる。「大したことじゃないけど……。猫耳とかは興奮しないけど、鏡の前でってのは興奮するかもだなって思って」「ふーん……。……、……は?」そのまま
23位 谷脇終生さん
  • 情報提供往時渺茫としてすべて夢に似たり(14/15) 不埒谷脇終生さんのプロフィール
  • <1→2→3→4→5→6→7→8→9→10→11→12→13> 19時過ぎ、中国に到着した。タクシーに乗って国見さんが宿泊しているとされるホテルへ向かう。国見さんに会わせて欲しいとフロントへ言っても相手にされないだろう。 駄目元で国見さんの携帯へ電話をかけてみた。呼び出し音が続く。 国見さんのマネージャーを思い出して、今度はそっちへかけてみた。事件のあと必要があって連絡先を交換しておいたのが役に立った。呼び
24位 Kouki.Hさん
  • 情報提供密やかに君は。08 lapis lazuliKouki.Hさんのプロフィール
  •  どのぐらい、そうして2人で昼寝をしていたのだろう。ドアをノックする音で2人は目覚めた。 「何?」ドアの外から、早雲の母親の声がする。 「今、学校から電話があって・・・康煕くんのお父様が大至急、康煕くんに連絡をとりたいんだそうよ。とにかく、康煕くんに伝えてあげて」 「うん、わかった」康煕は目を覚ましていたが、敢えて身を起こそうとはしない。早雲は寝ているものとばかり思って、康煕の体を揺する。 「おい、
25位 Rinkさん
  • 情報提供僕の家庭教師さまー軽井沢編ー(91) 時の過ぎ行くまま(Rink's Cafe 別館)Rinkさんのプロフィール
  • JUGEMテーマ:JUNE/BL/ML 僕の家庭教師さまー軽井沢編ー(91) 「雫はほんっとに感じやすいね」  なにもそんな言葉を溜めて言わなくていいだろうと雫は義光を睨みつける。義光は自分がしたくせに悪びれもせず笑ってそれをかわしていた。 「ひどいっ…義光さんこそ、吉澤さんにこの先色々教え込んじゃうつもりなんでしょ?…でも、今まで本当に吉澤さんとしたことないんですか?」 「ないよ…。だって僕にとっ
順位画像記事タイトル / プロフィールプロフィール / 記事本文 / 関連キーワード
26位 谷脇終生さん
  • 情報提供往時渺茫としてすべて夢に似たり(13/15) 不埒谷脇終生さんのプロフィール
  • <1→2→3→4→5→6→7→8→9→10→11→12> エリア巡回のあと、オーナーに呼び出されていたので指定された店へ向かった。黒い壁に囲まれた、一見するとなんの建物なのかもわからない店だ。 内装も黒で統一されていて照明も薄暗く、通路を歩くことも覚束ないほどだ。右手にカウンター、左手は全て個室。店員の出入りでチラリと見えた客層は若い。 奥の部屋で広田が待っていた。「先にやってる」 とグラスを傾ける。「
27位 滝川さん
28位 日高千湖さん
  • 情報提供青い朝・25〜『待つ夜ながらの有明の月』番外編 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
  •  久し振りに《SUZAKU》に顔を出した清川薫は、大変お怒りだった。薫は自分の事に関してはグッと我慢してしまうが、輝也に関して不満があると目を吊り上げて抗議してくる。こんなに怒った薫を見るのも久し振りだ。 俺だって電話で謝りたかったんだよ。ただ、今朝から忙しかったんだ。チャンスがなかっただけなんだ。薫、そんな顔をして睨むなよ。「泣きたい気分になる前に、どうして電話しなかったんですか?」「まあ、そう
29位 碧月 律さん
  • 情報提供リビドーの情動 34 夢見草屋碧月 律さんのプロフィール
  •  はい。 カレーは大好評で鍋に残ったのはほんの少しだけでした。 最初の一杯は皆無言でがつがつと食べ始め、そしておかわり! という声とともにうまい! と称賛の嵐が押し寄せてきました。 嬉しいけど! それにしても皆こんなに食べるのになんで太ってないのか不思議で仕方ない。皆常盤よりも大分縦にも横にも差があるからだろうか? 都築さんにもうまかった、ありがとうなと言われて頭をまた撫でられた。 別におさんどん
30位 なかさん
  • 情報提供◆ありふれた風景23(1)◆ ただ好きだという、この気持ち。なかさんのプロフィール
  •  事の起こりは、内科医局の納涼会で忍足が酔っ払ったことだった。「忍足先生がこんなになったの、初めてですね」 足元がおぼつかない忍足を支えながら、長谷川は苦笑した
31位 こまさん
  • 情報提供破れる恋もまた在る 僕が踏み躙ってきた愛情と日常の総てこまさんのプロフィール
  • 長らくこのBlogには登場していなかったが、久々に犬飼さんとのエピソードを書こうと思う。Blogに登場していなかっただけで、犬飼さんとの関係が無くなったり、悪化したりしていた訳ではない。普通に挨拶も交わしていたし、毎日会話も良くしていた。しかし、やはり出世を目指している様子の彼は、僕よりも直属の上司らと昼食や飲みに行く機会が多く、中々僕とはタイミングが合わずにいた。そんな風に色んな上司や先輩社員達か
32位 BONNIEさん
  • 情報提供アゲイン 4-5 ※R-18 Bonnieの小部屋BONNIEさんのプロフィール
  • 4-5 ※R-18*こちらはR-18ページです。*ご理解ある方のみお進み下さい。作戦勝ちとばかりに千田を再びベッドに横たえて、陸はベッドサイドの引き出しを漁った。それをぼんやりと目で追っていた千田は、彼が出した箱に、すぐにそれが何かを理解した。彼が手にした箱は、自分だって使ったことのあるそれ。使いかけってところがまた、生々しい。少なくともこれを、陸は確実に誰かに使ったのだ。と、思いついたものの。―――な、何
33位 あさみさん
  • 情報提供GW旅行は能登半島 (51) 〜最終話は、ご褒美 BL風味の小説あさみさんのプロフィール
  •  嘘だろ。 本当に、あの人は社長の子供だったのか。 冴木は、やっと政行が社長の子供なんだと認識したのだった。   峰岸はというと…。 ふんっ、これで2人とも気持ちの持ちようが違ってくるだろう。 まったく手の焼ける2人だ。 なんて事を思いながら羽を伸ばし、ゆったりと仕事をしていた。 「あー…、今日は2人とも居ないから気が楽だ。また、明日から騒がしくなるなあ」 だが、冴木は送迎する事に気が付くと電話して
34位 こまさん
  • 情報提供束の間の幸せを 僕が踏み躙ってきた愛情と日常の総てこまさんのプロフィール
  • 眠い。眠くて仕方がない。しかしせっかく毎日更新が続いているのにそれを途切れさせては勿体無い気もするので、とりあえず無理矢理にでも書いてみようと思う。とは言え、如何せん体調が優れないので今日は短めになってしまう事をお詫びしたい。先日の梅雨寒からの暑気の戻りで、完全に体調を崩してしまった。体調、と言うか、精神の不調だ。勿論精神から来る身体の不調ではあるのだが。そんな中で足の怪我のため通院もして、
35位 八朔みかんさん
  • 情報提供プレシャスデイズ 〜 孤独のミザール 4 Nikki Drop八朔みかんさんのプロフィール
  • 「豆に拘ってらっしゃるんだなと思って」「ずっと飲みつけていたものでね。仕事も住む環境も変わってしまったから嗜好品くらいは馴染みの物を身近に置いておきたかったんだ」「飲酒できないから せめてコーヒーくらい美味しいものを飲みたいですもんね」「酒はね、いつ呼び出しがあってもいいように飲まないんだけど、憂さを晴らすために酒量が増えるのが怖いっていうのもある。酔った勢いで色々やらかしそうだし。例えば…… 君
36位 19raさん
  • 情報提供ここのところは… 出張所19raさんのプロフィール
  • ツイッター見てくださっている方はご存知でしょうが、最近は多少()文スト沼に足を突っ込んでおります。きのうはだざーさんの誕生日だったので、久々にSSを仕上げました。世の中にはオリジナルも二次も一緒だと豪語する二次同人さんも多々いらっしゃるのですが、全然一緒ではないです。オリジナルは相当キツイものだと、久しぶりに二次をいじってて感じました。二次は楽ですよ、前後関係何も説明しなくていいんだものね。とりあえず
37位 白黒ぼたんさん
  • 情報提供小話「写真・3」 ◎スイッチ◎白黒ぼたんさんのプロフィール
  • 「……きったねぇな……」事務所に帰って来た黒川は、束ねられた新聞の山を見て、そう呟く。紐の結い方が甘く、チラシなどが飛び出し、山は今にも崩れそうだった。イツキに片づけを頼んだが、まあ、しないよりは多少マシという程度。ゴミ袋を脇にどかせ、黒川はソファに腰掛ける。ふと、足元に、写真が落ちているのを見つける。掃除の途中、どこかからか出て来たものだろうか。コトの最中の、イツキの写真。男のモノを口に咥えなが
38位 有坂レイさん
  • 情報提供追いかけて追いかけて26 ちりつもBL小説有坂レイさんのプロフィール
  • 1話戻る→   最初から読む→ バスルームの床に蹲った相手にちょっと放っておいて欲しいなんて言われた所で、わかりましたと出ていけるはずがない。また水浴びなんてされたらたまらない。「気持ちの切り替えに俺が邪魔なら、あなたが […]
39位 青空さん
  • 情報提供【その6】 空色書房青空さんのプロフィール
  • 『何飲む?色々揃ってるよ?』 『…』 煌くんの家に着いて、まずはうがいと手洗いをしてトイレも借りて、 水を貰って一息ついたら、酔いはすっかり醒めてしまった。 ヤバいと焦りつつ、何気に窓へやった視線をそのまま […]
40位 Rinkさん
  • 情報提供僕の家庭教師さまー軽井沢編ー(92)★ 時の過ぎ行くまま(Rink's Cafe 別館)Rinkさんのプロフィール
  • 僕の家庭教師さまー軽井沢編ー(92)★ 「それと僕と悠が付き合いはじめたら…もう一組男の子同士で付き合い始めちゃった仲間がいて…クスッ…それがおもしろくって…ククッ…あいつら今頃何やってんだろ?」  義光は友達の事を楽しそうに語る雫を郷愁のこもった眼差しで見詰めていた。自分と吉澤の間にもそんな頃があったとは思う、でもどこかでその道が分かれてしまったのだった。  まだ行き違
41位 s-negaさん
  • 情報提供緋の花SS「猫のキモチ」 Guideposts-negaさんのプロフィール
  • 俺は猫である。名前は臨太郎。どこで生まれたかはとんと覚えてないけれども今の飼い主は大好きだ。「美味しそーに食うよね」猫缶を食べている俺をニコニコと見てくるご主人に、俺も同じくニコニコと「だって美味しいよ! 特に肉沢山混ざってて最高」と返した。ただ残念ながらご主人は俺の言葉が分からない。それでも食べながら「んにゃんにゃ」言っている俺の頭とかをいきなり撫でてこないご主人が好きだ。そのご主人は「んー、な
42位 itti(イッチ)さん
  • 情報提供『迷惑な落とし物。』番外編「お買い物」その1 ittiのBL創作小部屋itti(イッチ)さんのプロフィール
  •  たまに聞く事があった。夫婦の間に流れる空気が、ものすごく重苦しくて、家出したくなるって話。けど、結局はそれも出来なくて、買い物で発散したり友人とランチをしたり。女性客が多い美容室では、そう言った話が飛び交う事もあって、俺は他人事だと思ってぼんやりと聞いていた。_____昨日の事だ。引っ越しも終わり、ダブルベッドは俺の所から運んだものを使うという事になっていて、無事設置も済んだ。で、リビングで寛ぐ
43位 風海 時音さん
  • 情報提供落花流水 兎たちの誘惑 光基編 1(R18) Sky Ship風海 時音さんのプロフィール
  • 俺は、利治さんを見ていられるだけでよかった。利治さんが早瀬のこと気遣って、大事にしているのは知っていた。あの家の誰もが早瀬のことを何よりも大切に思ってるって知ってた。だから何も望まなかった。だって、俺なんかが望むのは間違ってるって思ったから。早瀬のように扱われたいって思っても、その望みは叶わない。俺は早瀬じゃないから。でも、利治さんは俺を助けてくれた。不眠症に悩む俺と一緒に寝てくれて、一緒の時を過
44位 sazanami-hさん
  • 情報提供馮離 A面 37 sazanamiの物語sazanami-hさんのプロフィール
  • にほんブログ村 BL小説あれから何日経っただろう。朝臣は昼夜逆転の生活を送っていた。そうしたくてなった訳では無い。夜、ベッドに入っても眠れなくなった。一人ベッドに
45位 星鼠さん
  • 情報提供合わせ鏡 32 星砂糖星鼠さんのプロフィール
  • 吉田の子どもは経過観察という事だった。将来的に手術が必要となる可能性もあるが、今すぐ生死に関わるような深刻な状況ではない。ただあまり泣かせないようにと言われたらしく、久しぶりに会った吉田は、疲れた顔をしていた。「しかし まあ あれだな」柊が気遣うような顔をしたせいだろう、吉田は声を引き上げた。「つがいで子育てする意味が分かったよ」「ふたり って事か」「性格の違いが さ 救いになるというか。性差によ
46位 にゃあさん
  • 情報提供体調が戻らない(>_ Be Yourselfにゃあさんのプロフィール
  • なんか肌寒いここ数日・・・やっと風邪が治ってきたと思ったら今度は喘息と腰痛が悪化。梅雨のせいか体調極悪です(ノД`)・゜・。でも仕事は休めず、公私共に忙しくしておりまして、なかなか執筆が進まず。更新が滞っております。申し訳ありません〜〜〜m(_ _)m来週こそは、若頭のほうを進めたいと思っているのですが。楽しみにしてくださっている方には本当に申し訳ない。どうぞ見捨てず、気長にお待ちくださいませ。今も都内は肌
47位 滝之組さん
48位 えんむさん
  • 情報提供あいつと俺のそーゆう関係ー159 家に帰りたい エンムブック2えんむさんのプロフィール
  •  店長は一成と 顔なじみだったので にこにこ笑顔で そう言うが、 豪は顔が強張った。 ここも逃げたなと 腹を立てて、 店長に挨拶もなく 豪は急いで団地に 走った。 豪の生まれ育った 団地が見えると 何か感極まった。 このみすぼらしい団地が こんなに懐かしく 愛しく感じるとは 思わなかった。 大金持ちの お屋敷暮らしに憧れたが、 自分の家ではないので どうにも居心地が悪い。 この一か月幽閉された 独
49位 有乙女未來さん
50位 ノッキさん
  • 情報提供おっさんずラブ二次創作 『First Match』完結しました。 ひだまり。ノッキさんのプロフィール
  • こんにちは!雨がすごいみたいですね。気をつけてお過ごしくださいね! どんなに書いてもR18 が終わらなかった『First Match』(pixivに飛ぶよ)ついにイ//くことが……ゲフンゲグンついに完結しました! こんなに長くなる予定じゃなかったはずがまあ、ノッキの書くものだからね……長くなるのも仕方ないよね。 ふふっ。 思い返せばつい数年前までR18シーン書くの苦手なんです。とか可愛いこと言ってたんだけどね。おかしいな。ど
更新時刻:18/06/21 20:30現在