TOPICS

BL小説家志望 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    カルマの旋律4-1

     ある程度体力と気力が回復した秀一は、退院した翌日から仕事に復帰した。顔の傷は当然目立つままだが、会社の人間は事故にあったことを知っているので配慮はしてくれるだろうと、変に隠したりしなかった。出社してすぐから、すれ違う度に振り向かれ、眉をひそめる者もいれば深刻げに声を掛けてくる者もいる。直属の上司は「大変だったな」と気遣ってくれるが、視線はあからさまに傷にあり、物珍しさと気味悪さで引いているのが分か...

    サヲリ

    B-R-eath

    読者になる
  • 2位

    カルマの旋律3-3

     ―――「くそ、結局俺が最後まで面倒見なきゃいけねぇじゃねぇか」 志摩は煙草に火をつけながら舌打ちをする。「そのつもりでアンタに頼んだんですよ」「言っとくが、俺は『治療』をしただけだぜ。お前の考えは知らねぇからな。なんかあった時に俺の名前出すんじゃねぇぞ」「分かってますよ。ありがとうございます。今後もよろしく頼みますよ」 そのあと暫くは看護師にこまめにバイタルチェックをしてもらい、神崎は深夜に秀一が...

    サヲリ

    B-R-eath

    読者になる
  • 3位

    2/16 イベント参加します

    葉咲透織

    甘い痛みは恋の悦びmemo

    読者になる
  • 4位

    カルマの旋律3-1

     ハルカの死を受け入れられずに引き摺っているのは神崎も同じだった。初めて恋に落ちた相手で、遠くから眺めるだけの存在だった彼。今度こそ手に入れたいと思った矢先に、力が及ばずに永遠に手放してしまった。たかが佐久間秀一という男に振られただけであそこまで思い詰めるものなのか。自分では彼の不安と心細さを埋めてやることはできなかったのか。振り向かせるどころか、目の前で生を放棄したハルカを止めることすらできなか...

    サヲリ

    B-R-eath

    読者になる