TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel

二次東方神起小説 注目記事

NEW POST help
  • 1位

    指先から始まる恋83

    スヨンはあれから二度ほど釜山にある専門学校を日帰りで見に行っていた。正直日帰りは体力的に辛いし、夜光バスも利用しながらだったから申し訳なかった。KTXで行って…

    유미-ユミ-

    指先から始まる恋83

    読者になる
  • 2位

    指先から始まる恋82

    "シムスヨンさんは、このままの学力を維持すれば大学に行くことだって可能です。ただ本人が..."「キム先生すみません、妹とまだ進路について話し合えていなくて」"…

    유미-ユミ-

    指先から始まる恋82

    読者になる
  • 3位

    心(C←Y)

    もう俺だっていい歳だし、沢山の恋愛をしてきた。その結果、もう恋なんてしないとそう決めてきた。…そう、決めていたのに…俺は久々に心を震わせ恋をした。「シム チャ…

    さちこ

    心(C←Y)

    読者になる
  • 4位

    指先から始まる恋81

    "で、オッパやったの?"「ブ―――――――ッッッ」"オッパ汚いよ"「スヨンが変なこと聞くからだろ!」ユノさんと朝ごはん兼お昼ごはんを食べた後、なんとなくまだ離…

    유미-ユミ-

    指先から始まる恋81

    読者になる
  • 5位

    塗り絵⁈ぶふっ!

    塗り絵コンテスト…すんだ、へえ…しかもえ?この絵?だれ?み、みんなうれしい?わたし、欲しいなんて1ミリも思わないぞ?…企画決める会議見てみたいっていつも思う。…

    arinko79

    塗り絵⁈ぶふっ!

    読者になる
  • 6位

    薔薇の園13

    薔薇の園13ユーリと気持ちを確かめ合ってから2ヶ月、チェミンは毎日薔薇のエキスの入った紅茶を飲み、体を慣らしていった。と言っても、子供の頃からこっそりと嗅ぎ続…

    arinko79

    薔薇の園13

    読者になる
  • 7位

    前夜

    『やっ、やめて…ください。…っあ。』『や、じゃ無いだろ?教えた通りに言ってみろ。』組み敷しき、服を剥ぎ取り。今日が最後だって言うなら、もう遠慮はしない。俺は、俺の思うままにお前を抱く。前夜だって構うもんか。それに。お前だってそれを望んでるんだろ?俺を自分の中に刻み込みたいから、ここに来たんだ。その証拠にもう、お前のは期待で蜜を垂らしはじめてる。『いやって言う割にはここ、物欲しそうにしてるよな?』奥の...

    chamina

    前夜

    読者になる
  • 8位

    薔薇の園14

    薔薇の園14頭に血を昇らせ店を出たチェミンだったが、歩いているうちにだんだん落ち着いてきた。(子供として見ていた俺を…ユーリは少しずつ恋人として受け入れようと…

    arinko79

    薔薇の園14

    読者になる
  • 9位

    初夜

    僕の身体中につけられた…痕。コレが消えるまではあなたの事を思ってても…良いですか?伸ばされた手をそっと…外すと『…ごめん、今日は疲れたから。』そう言って背を向け、寝たふりをした。そんな僕を見てため息を吐き、隣に寝るキミ。隣から聞こえる寝息に僕はそっとベッドから抜け出て、1人ソファに身体を沈めた。疲れてるのはホント。でも、それだけじゃ無い。身体中にあるあなたの印が、消えるまでは僕はキミを抱けない。抱かな...

    chamina

    初夜

    読者になる
  • 10位

    前夜 2

    酷い事してるって…わかってる。でも。今日。あなたが欲しいんだ。『やっ、やめて…ください』本当はそんなこと言いたいんじゃ無い。『や、じゃ無いだろ?教えた通りに言ってみろ。』そう言われても、頑固な僕は言葉を飲み込む。焦らすような愛撫も。僕の中で蠢く指も。僕からの言葉をまっている。『お前の言葉でちゃんと言え。』あなたはそう言うけど、僕はもう、あなたにお願い出来る資格を無くしてしまったから。あなたじゃない道...

    chamina

    前夜 2

    読者になる