searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

オリジナルBL小説・・・ストーリー系

THEME help
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
テーマ名
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
テーマの詳細
ストーリー重視のBL小説(オリジナル)、トラコミュです♪ 下の何れかに該当する作品ならお気軽にo(*^▽^*)o~♪ ☆主人公の心情重視です!(エロなしプラトニック) ☆エロもあるけどストーリー重視 (過激なエロも話の一部としての役割に過ぎない!) ☆ストーリーがあってこそのエロ(エッセンスとして) エロ重視(官能系)のBLはトラコミュ「小説18禁・15禁」でお待ちしております≦(._.)≧ ペコ もちろん、両方に該当される方はどちらにもご参加下さいませ♪ 注!ココでいうエロとは、創作としてのものです。あくまでも小説であることが前提です。 ★両コミュともに、小説以外の記事(ページ内に小説のない更新情報だけとか…)は非表示にさせて頂いております(゚゚)(。。)ペコッ 小説のみのコミュです。 ☆ご自分で書かれたオリジナルBL小説のコミュです。商業誌の感想・書評は非表示にさせて頂きますm(__)m
テーマ投稿数
25,176件
参加メンバー
202人
管理人
砂月管理画面

にほんブログ村 テーマ機能

テーマは、参加ランキングのカテゴリー・サブカテゴリーに関係なく、記事のテーマが合えばどなたでも参加することができます。

▼ ブログ村テーマへのリンク方法

あなたのブログに「オリジナルBL小説・・・ストーリー系」テーマのバナーを掲載しませんか?
テーマのバナーやリンクをINポイントランキングの対象にしたいメンバーの方は、ログインしてからリンクタグを取得してください。
・バナーを変更したい場合は、必ず画像に「テーマ」の文字かバナーロゴを重ねてください。
・テキストリンクに変更されたい方は、以下のテキストに変更いただき掲載してください。
 「オリジナルBL小説・・・ストーリー系 BL・GL・TLブログ・テーマ」
※以前より掲載いただいているテキストリンクについてはそのままご利用いただけます。

▼ リンクタグ … ここから下、リンクタグをコピーしてお貼りください

オリジナルBL小説・・・ストーリー系の記事

1件〜50件

  • PERFECT BLUE 21-01
    2021/01/21 06:50
  • 好きな人に囲まれて両手に華 (38) 
    2021/01/18 20:35
    好きな人に囲まれて両手に華 (38) 

    翌朝、俺は自分が1人でベッドに横たわってる事に気が付き、文句を言っていた。呟きが声になって出てくる。 「もう、朝まで一緒に居てくれれば良いのに。嘉男さんのばかっ……」でも、腰には痛みなんて感じないという事は、途中止めかあ。 はあっ……と、溜息を吐いて身体を起こす。ま、取り敢えず弁当をと思ったが土曜日だ。ゆっくりできるのは今日と明日だ。週明けからは棚卸しに入る。一般事務と経理を昼間だけでも雇っているので...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • Kir
    2021/01/18 17:31
  • PERFECT BLUE 20-10
    2021/01/16 09:15
  • Montana
    2021/01/15 23:36
  • 好きな人に囲まれて両手に華 (37) R18!性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。
    2021/01/15 22:08
    好きな人に囲まれて両手に華 (37) R18!性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。

    さっきから俺が触れて抓ったり吸い付く度に、政行の身体はびくっと動いて喘いでる。乳首もこりこりとしているし、舐めると微かに声が口から洩れてくる。今も政行のへそ辺りを舐めてると声が聞こえる。 「ん…」 吸い付いてキスマークを付けていく。政行の仕事上、キスマークを付けたままにして仕事は出来ないだろう。明日、一日だけでも俺を思ってくれ。 「高瀬のバカッ。仕事出来ないじゃないか……」等々。お前の愚痴を聞いてい...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • PERFECT BLUE 20-09
    2021/01/14 07:30
  • PERFECT BLUE 20-08
    2021/01/14 07:30
  • PERFECT BLUE 20-07
    2021/01/13 06:40
  • 好きな人に囲まれて両手に華 (35) 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。
    2021/01/11 21:29
    好きな人に囲まれて両手に華 (35) 性描写あります。抵抗ある方はスルーしてください。

    あの女の子どもと会ったことを高瀬に知らせると、高瀬はそんなにも日にちを置かずにやってきた。その時に聞いていた。 「俺は、お父ちゃんと死んだお母ちゃんの子どもだよ。DNAでも何でも鑑定してくれ。お母ちゃんが死んでから、お父ちゃんは帰りが遅くなった。俺が男だから、まだ良いと思うよ」 「それはどういう意味だ? お前が継ぐって事か?」 「嫌、俺は継がないよ。あのさ、俺が女だったら、高瀬はどうする?」 「え...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • PERFECT BLUE 20-06
    2021/01/11 07:37
  • PERFECT BLUE 20-05
    2021/01/10 08:35
  • 第86話 建巳 act.26 another,side story「陽はまた昇る」
    2021/01/09 21:48
    第86話 建巳 act.26 another,side story「陽はまた昇る」

    Ofmoralevilandofgood,kenshi―周太24歳4月第86話建巳act.26another,sidestory「陽はまた昇る」誰もいないベンチ、それでも、あなたの居場所。「…英二、」呼びかけて歩みよって、右足首ひき攣れる。疼いた痛覚ゆらり傾いで、ことん、ベンチに座りこんだ。「んっ…」痛み吐息こぼれる、けれど少し休めば治まるだろう。もう治りかけている傷ふれて、そっと周太は革靴の右を脱いだ。「…あ、」ソックスごし腫れがわかる。見つめる右足首かすかに脈打つ、ずくり痛み這い上る。いつのまにか早足に無理したからだ、ため息そっと革靴へ履きなおした。―英二も探せない僕なんだ、こんな時まで、鼓動ほら疼きだす、不甲斐なくて。あなたは泣いていた、それなのに探して傍にいることもできない。ここに来ると、あなたなら今日...第86話建巳act.26another,sidestory「陽はまた昇る」

    萬文習作帖

  • PERFECT BLUE 20-04
    2021/01/09 13:50
  • 第86話 建巳 act.25 another,side story「陽はまた昇る」
    2021/01/08 12:21
    第86話 建巳 act.25 another,side story「陽はまた昇る」

    Ofmoralevilandofgood,kenshi―周太24歳4月第86話建巳act.25another,sidestory「陽はまた昇る」“でも、あんまり静かに綺麗に泣いていたから。”あなたは泣いていた、あの書店で。その前はラーメン屋、あなたが初めて連れて行ってくれた場所。どちらも記憶なぞらされる、ふたり歩いていた時間と想いに、周太は門をくぐった。「は…」息ついて風かすかに甘い、深い。ここにも桜は咲いている、懐かしい公園を歩き始めた。―もしまだ新宿にいるのなら、英二なら、ラーメン屋、書店、その次にあなたが行く居場所。あなたが親しんで佇んだ、その場所ただ一つしか思いだせない。『前はさ、昔の女に会って縋られても軽く躱していたんだ。相手に未練があろうが関係ない、相手の気持ち考えないから平気だった』この公園で、あ...第86話建巳act.25another,sidestory「陽はまた昇る」

    萬文習作帖

  • Eye Opener
    2021/01/07 15:45
  • PERFECT BLUE 20-03
    2021/01/07 06:53
  • 第86話 花残 act.16 side story「陽はまた昇る」
    2021/01/06 23:07
    第86話 花残 act.16 side story「陽はまた昇る」

    足跡の先へ、英二24歳4月第86話花残act.16sidestory「陽はまた昇る」かすかに甘い、深い香は知っている。「お?」見あげた香に空が青い、けれど狭い。コンクリート連なるガラスの反射、タイヤの音たち喧噪の声。歩いてゆく雑踏えぐい埃っぽい匂い、それでも懐かしい香に英二は足を止めた。―なつかしいな、立ち止まった道、ショーウィンドウの店名は懐かしい。もうどれくらい来ていないだろう?ただ懐かしさに扉をくぐった。「いらっしゃいませ、あら?」ダークブラウン落ち着いた店、カウンターの女性が顔上げる。何か月ぶりだろう?記憶にある面差しに笑いかけた。「こんにちは、見せてもらいますね、」「はい、お久しぶりですね。ゆっくりご覧になってください、」カウンターのニット畳んで、ベスト姿が微笑んでくれる。きちんと距離を保ってくれる、...第86話花残act.16sidestory「陽はまた昇る」

    萬文習作帖

  • PERFECT BLUE 20-02
    2021/01/06 06:51
  • PERFECT BLUE 20-01
    2021/01/05 09:29
  • 好きな人に囲まれて両手に華 (32) 
    2021/01/04 21:08
    好きな人に囲まれて両手に華 (32) 

    チリリンッ♪と、鈴の音が鳴る。 「いらっしゃ……、あ」 「へえ、大盛況だな」 「なんで、そっちから」 「今日は客として食べる」 「それなら、お金頂きますよ」 「ああ、払うよ。唐揚げ定食、ライス大盛りで」 嘉男さんが客として食べに来てくれることは無いので、とっても嬉しい。その思いが顔に出ていたのだろう。 「嬉しそうだな」 「だって、仕事以外で会う事って無いからね。それに最近は夜ご飯にも来てくれないし」...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • 3653日前、僕らは生き始めた
    2021/01/01 00:00
  • PERFECT BLUE 19-07
    2020/12/30 08:28
  • PERFECT BLUE 19-06
    2020/12/29 08:20
  • PERFECT BLUE 19-05
    2020/12/28 07:30
  • 2020-21 年末年始について
    2020/12/27 09:08
  • PERFECT BLUE 19-04
    2020/12/26 09:02
  • PERFECT BLUE 19-03
    2020/12/26 09:01
  • 好きな人に囲まれて両手に華 (28) 
    2020/12/25 21:35
    好きな人に囲まれて両手に華 (28) 

     クリスの嬉しそうな声がする。  『ふふふっ、今日は特別にカナダから出れるぅ』  『え、そうなの?』   すると、クリスはとんでもない事を言ってきた。  『マサ。君の護衛として、我が国の国境隊が1個大隊護衛する』  『はあっ?』  『で、私も一緒にニューヨークへ行く』  すると、二人の疲れた声が聞こえてきた。  『もう、ほんとに大変だったんだから』と、デイブだ。  『クリスはね、本当にサド王様だよ...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • PERFECT BLUE 19-02
    2020/12/25 09:51
  • PERFECT BLUE 19-01
    2020/12/24 06:50
  • 今年もクリスマスが街にやってくる
    2020/12/24 00:21
  • 好きな人に囲まれて両手に華 (26) 
    2020/12/21 20:40
    好きな人に囲まれて両手に華 (26) 

     これはやばい。 今の内に、まだ理性が保っている間に行動しないと。 そう思った嘉男はベッドから降りながら声を掛けてくる。  「朝飯は簡単なのでも良いか?」  「は、はい、良いです」  え、作ってくれるのか、この人が?  ぎゅるるるるる……。 またもや聞こえる、盛大な音が。 その音が聞こえたのだろう、今度はさっきよりも盛大な笑い声が聞こえてくる。   「わはははっ……。はいはい、そう急かすな。すぐ作って...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • PERFECT BLUE 18-07 ※微R-18
    2020/12/20 09:52
  • PERFECT BLUE 18-06
    2020/12/20 09:52
  • 明日に告ぐ
    2020/12/20 00:05
  • PERFECT BLUE 18-05
    2020/12/19 13:48
  • PERFECT BLUE 18-04
    2020/12/18 07:47
  • 第86話 建巳 act.24 another,side story「陽はまた昇る」
    2020/12/17 23:50
    第86話 建巳 act.24 another,side story「陽はまた昇る」

    Ofmoralevilandofgood,kenshi―周太24歳4月第86話建巳act.24another,sidestory「陽はまた昇る」ほんの少し前、あなたはいた。この新宿の街、同じ店で食事して、同じ道を歩いている。けれど、それでも違う時間。「周太、さっき買った雑誌また貸すからな?」バリトン軽やかに笑ってくれる、親しい、けれど「違う」声。それでも温かな笑顔に微笑んだ。「ん、ありがとう…賢弥にも僕の貸すよ?」「やった、ありがと。あっちのコーナーも見るだろ?」チタンフレームの眼鏡ごし、明朗な瞳くったくない。明るい敏い友だちと歩く書店、ならんだ雑誌に書籍に息つける。インク新たな渋い甘い匂い、すこし古い懐かしい紙の香、ずっと親しんだ本の空気。書架ごと本選ぶ気配も懐かしくて寛げる、たとえば今、あなたのこと考えてい...第86話建巳act.24another,sidestory「陽はまた昇る」

    萬文習作帖

  • PERFECT BLUE 18-03
    2020/12/16 08:08
  • PERFECT BLUE 18-02
    2020/12/15 07:00
  • PERFECT BLUE 18-01
    2020/12/15 07:00
  • 好きな人に囲まれて両手に華 (22) 
    2020/12/11 21:13
    好きな人に囲まれて両手に華 (22) 

     週が変わった翌週の火曜日の午後。 俺はスーツを着て履歴書を持参して、あるスポーツジムに入っていく。  人事担当と面接をして入社試験なるものも受けて、その場で即決された。 4月からの正社員としての雇用となった。 3月末までには住む所を決めて、4月には教えるようにと言われた。  夕方近くになり、スポーツジムの所長は人事担当者から報告を受けた。  「中高大では水泳バカと名が付くほどの有名人で、自分も知...

    福山ともゑ

    BL風味の小説

  • PERFECT BLUE 17-07
    2020/12/11 12:55
  • PERFECT BLUE 17-06
    2020/12/10 06:56
  • 第86話 花残 act.16 side story「陽はまた昇る」
    2020/12/10 00:17
    第86話 花残 act.16 side story「陽はまた昇る」

    風の行方に、英二24歳4月第86話花残act.16sidestory「陽はまた昇る」書架つらなる香、かすかに渋く甘く懐かしい。この空気どこか、君の家。「いらっしゃいませ、」書店員にこやかな声に会釈ほほ笑んで、薄化粧の瞳かすかに羞む。こんな視線も前は愉しんでいた、そんな過去に英二はエレベーター進んだ。―ちやほやされるゲームだったな、2年前の俺にとって、心裡ひとりごと、まだ近い過去に懐かしい。全てが「ゲーム」ただ遊んだ、いつも誰も通りすがりだった。”きれいな人形。虚栄心を満たす道具、都合よく使える便利な存在、”それが自分、そんなふう見られていれば楽だと思いこんだ。だって本音で生きることは自分には難しかった、直情的すぎて、率直にしか言えない自分だから。“そんなの、どうでもいいよ?”どうでもいい、そんな言葉ひとつ拒絶さ...第86話花残act.16sidestory「陽はまた昇る」

    萬文習作帖

  • PERFECT BLUE 17-05
    2020/12/08 08:43
  • それは、ある日常の「物語」 #22~#24
    2020/12/07 17:12
  • それは、ある日常の「物語」 #19~#21
    2020/12/07 16:14
  • PERFECT BLUE 17-04
    2020/12/07 06:52
カテゴリー一覧
商用